■ 全国大会の予定
第79回全国大会は、下記の通り開催されます。
日時 2017年6月17日(土)、18日(日)
場所 山形大学 小白川キャンパス

<第79回全国大会について>
 ホテル等宿泊施設の予約が取りにくい可能性があります。
全国大会参加ご予定の会員におかれましては、なるべく早く予約されますよう、
ご案内申し上げます。
------------------------------------------------------------
第78回全国大会は、下記の通り開催されました。
日時 2016年(平成28年)6月18日(土)、19日(日)
場所 東京大学 駒場Tキャンパス 21 KOMCEE EAST
6月18日(土)

《理事会T》 10:00-12:00
(18号館4Fオープンスペース)
 議長 東京工業大学 戦暁梅
《受付開始》 12:00
《開会式》 13:00 (K011教室)
 《開会の辞》
    日本比較文学会会長・立命館大学 西 成彦
 《挨拶》
    東京大学大学院総合文化研究科長 小川 桂一郎
《研究発表T》(各室2名) 13:20―14:30
A室(K211教室)
    司会 東京工業大学(非常勤) 浜崎洋介
  1. アメリカ・ミシガン大学での講義体験が
     佐伯彰一にもたらしたもの
     ――1960年代における変貌を巡って――
       名古屋工業大学 大貫 徹
  2. 冷戦期日米文化交流における文学者のアメリカ体験
     ――庄野潤三のガンビア滞在を一例として――
       東京大学(特任研究員)金志映
B室(K212教室)
    司会 東京工業大学 劉 岸偉
  1. 芥川龍之介と『聊斎志異』
     ――「酒虫」材源の再考を中心にして――
       大阪大学(院) 陳潮涯
  2. 「国語の成長」のために
     ――周作人と柳田国男の方言研究――
       大阪大学(非常勤) 王 蘭
C室(K213教室)
    司会 北九州市立大学 岩本真理子
  1. 森鴎外とオクトーバーフェスト
       大東文化大学 美留町義雄
    司会 国文学研究資料館 野網摩利子
  2. 夏目漱石の文学理論における読者の感情の意義
     ――ヴァーノン・リーのEmpathyの美学を視座として――
       東北大学(院) 木戸浦豊和
D室(K214教室)
    司会 千葉大学 佐藤宗子
  1. 瀬田貞二訳『指輪物語』における地名の訳し分け
     ――中つ国・イングランド・日本――
       東京大学(院) 川野芽生
    司会 新潟大学 猪俣賢司
  2. アメリカにおける初代ゴジラの受容
       立命館大学 池田淑子

《ワークショップ》 14:40―16:40
ワークショップI(K212教室)
世界のなかの漱石/漱石のなかの世界――新たなる研究の地平へ――
司会・報告  飛ヶ谷美穂子
報告
  福岡工業大学  徳永光展
  フェリス女学院大学 佐藤裕子

ワークショップU(K213教室)
文学をどう教えるか
司会・報告  甲南大学 中島俊郎
報告
 上智大学  新井潤美
 早稲田大学 榊原理智

学会賞授与式 16:50―17:10 (K011教室)

総会 17:10―17:50 (K011教室)
 議長 大阪大学 橋本順光

懇親会 18:10―20:00
 場所 ファカルティハウス(セミナー室)
 司会 
   寺田 寅彦(東京大学)
   伊藤 豊 (山形大学)

6月19日(日)
《研究発表U》(各室3名) 10:00―11:45
A室(K211教室)
    司会 広島大学 西原大輔
  1. 田村隆一と表現主義詩人たちの比較研究
     ――詩における「恐怖」の表象を主眼として――
       北海道大学(院)  陳 セン
  2. 日夏耿之介のブレイク受容をめぐる山宮允との交流について
       前橋国際大学(非常勤) 水野太朗
    司会 関西学院大学 大東和重
  3. 北村透谷『蓬莱曲』とカーライル『サーター・リザータス』
       都留文科大学 菊池有希
B室(K212教室)
    司会 静岡大学 花方寿行
  1. エンリケ・ゴメス・カリージョが捉えた「日本」
      ――紀行文の方法論と先行する日本像との比較を中心に――
       大阪大学(院) ファクンド・ガラシーノ
    司会 愛知学院大学 岩田 和男
  2. 詩歌合から見る和漢並存
     ――『文安詩歌合』を中心に――
       東北公益文科大学 呉衛峰
    司会 愛知学院大学 岩田和男
  3. 「民族文学」への回帰――李光洙『私の告白』――
       桜美林大学 鄭百秀
C室 (K213教室)
    司会 金沢大学 岩津 航
  1. 戦時期の日本におけるポール・ブールジェの受容について
       お茶の水女子大学 田中琢三
  2. ワロニーにおける象徴主義受容と〈北方〉的象徴主義美学の形成
     ――エクトール・シェネー『ものの魂』を手掛かりとして――
       北里大学 三田 順
    司会 東京理科大学 中丸禎子
  3. 動物の知能と保護思想
     ――1960年代以降の欧米的イルカ観が意味するもの――
       東洋大学 信岡朝子
D室 (K214教室)
    司会 山形大学 森岡卓司
  1. ポール・オースター『闇の中の男』における安部公房受容
     ――『砂の女』とパラレル・ワールド――
       九州大学(院) 大場健司
    司会 国際日本文化研究センター 稲賀繁美
  2. フランスにおける総合的日本研究の萌芽
     ――クロード・メートルを例として――
       日本学術振興会特別研究員PD 林久美子
  3. 英国の風景を描いた二人の東洋人画家・随筆家――牧野義雄と蒋彝――
       読売日本テレビ文化センター(非常勤) 範麗雅
《理事会U》 12:00―13:00(18号館4Fオープンスペース)
 議長 福岡大学 大嶋 仁

《シンポジウム》 13:30―16:30(K011教室)
テクストの声を聞く
司会・講師  東京大学 菅原克也
講師
 大東文化大学 千葉一幹
 明治大学 中村和恵
 作家 崎山多美

《閉会の辞》 16:40 (K011教室)
 日本比較文学会代表理事・東北大学 佐藤伸宏

《案内チラシ》
 上記全国大会の案内チラシは下記のとおりです。
大会チラシPDF

第77回全国大会は、下記の通り開催されました。
日時  2015年(平成27年)6月13日(土)14日(日)
場所  立命館大学 衣笠キャンパス 敬学館
6月13日(土)

開会の辞
 日本比較文学会会長・福岡大学 大嶋 仁
挨拶
 立命館大学文学部長 藤巻 正己
研究発表T 13:20―14:30
A室(210番教室)
    司会 国際日本文化研究センター 郭 南燕
  1. 近代日中韓三国『不如帰』に見る儒教的倫理観の
     比較考察――「忠誠」「孝道」「婦道」の分析を中心に
       神戸大学(院) 竇 新光
  2. 「教育小説」の誕生――雑誌『教育界』が
     明治30年代に果たした文学的役割
       筑波大学(院) ヴァン ロメル,ピーテル
B室(230番教室)
    司会 中央大学 亀井 伸治
  1. 人魚はなぜ女性なのか――博物学からの考察
       東京理科大学 中丸 禎子
  2. 安部公房作品における羊の表象
     ―満洲における牧歌的風景の構築と緬羊飼育との関係から
       筑波大学(院) 江口 真規
C室(250番教室)
    司会 神戸大学 遠田 勝
  1. ラフカディオ・ハーンの「想像力」
     ――講演「想像力ノ価値」について
       東京大学(院) 川澄亜岐子
      司会 広島大学 西原 大輔
  2. Mrs. Murakami's Garden:
     an intertextual ‘Japanese’ fictional world by Mario Bellatin
       Universidad Complutense de Madrid Arrieta Dominguez, Daniel

ワークショップI 14:40―16:40 (210番教室)
アイルランド文学と東アジア――農民文学と植民地表象をめぐって
司会・報告  鈴木 暁世(金沢大学)
報告
  金 牡蘭(早稲田大学)
  中根 隆行(愛媛大学)

ワークショップU 14:40―16:40 (250番教室)
物語という名の動物園
 ――動物を通して語られる人間、自然、核時代
司会・報告  森田 直子(東北大学)
報告
 中村 唯史(京都大学)
 高橋 由貴(福島大学)

学会賞授与式 16:50―17:10 (230番教室)

総会 17:10―17:50 (230番教室)
 議長 藤岡 伸子(名古屋工業大学)

懇親会 18:10―20:00
 場所 Cafe ROSSO
 司会  橋本 順光(大阪大学)
      前島 志保(東京大学)

6月14日(日)
研究発表U 10:30―11:40
A室(210番教室)
    司会 山形大学 森岡 卓司
  1. モーパッサンと国木田独歩の「自然主義」
     ――「遺傅」と「不/自然」の「養子」制度を事例に
       筑波大学(院) セン,ラージ・ラキ
  2. 田中王堂の文芸批評――自然主義とのかかわりについて
       東京大学(院) 岩下 弘史
B室(230番教室)
    司会 国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学 稲賀 繁美
  1. ニューオーリーンズ時代のハーンにおける中国に関する知識について
     ――万国博覧会の展示及びハーンの新聞記事を中心にして
       名古屋大学(院) 中井 孝子
  2. 明治初期の金工作品への謡曲の絵画的応用
     ――ウイーン万博とニュルンベルク金工万国博覧会
       藤女子大学 種田和加子
C室 (250番教室)
    司会 早稲田大学(名誉教授) 小林 茂
  1. 中欧からヨーロッパへ
     ――知識人作家マグリスのトリノとの関係をめぐって
       津田 雅之
  2. 20世紀前半の欧米語圏における「現代日本文学」認識の成立
     ――グレン・ショーの日本文学翻訳と紹介を中心として
       上智大学 河野 至恩
《理事会U》 12:00―13:00(231番教室)
 議長 千葉大学 佐藤 宗子

《シンポジウム》 13:30―16:30(230番教室)
日本ミステリーの黎明
司会・講師  堀 啓子(東海大学)
講師
 井上 健(日本大学)
 加藤 百合(筑波大学)
 辻原 登(作家)

《閉会の辞》 16:40 (322教室)
 仙葉 豊 日本比較文学会代表理事・関東学院大学


第76回全国大会は、下記の通り開催されました。
日時  2014年(平成26年)6月14日(土)15日(日)
場所  成城大学3号館
6月14日(土)

開会の辞
 大嶋 仁 日本比較文学会会長・福岡大学
挨拶
 油井 雄二 成城大学学長
研究発表T 13:20―14:30
A室 (311教室)
    司会 龍谷大学 佐々木 英昭
  1. 『行人』における「独逸の諺」の背景
       ―失われた「橋」を求めて
       飛ヶ谷 美穂子
  2. 断章形式と植物的な比喩―芥川龍之介の『侏儒の言葉』と
     ヨーロッパ文学との関係を巡って
       リヨン第三大学(院) ボーヴィウー、マリー=ノエル
B室 (312教室)
    司会 東京大学(名誉) 野谷 文昭
  1. ダヴィド・アルバハリ『餌』と大江健三郎
       『取り替え子』に見る世界文学の同時多発性
       共立女子大学 奥 彩子
  2. ボルヘスとパスのスペイン語版『奥の細道』と『枕草子』
       「日本的美学」の翻訳をめぐって
       ハーバード大学(院) アスアヘアラモ、マヌエル
C室 (321教室)
    司会 大正大学 山田 潤治
  1. ポスト講和期の日米文化交流と文学空間
       ―ロックフェラー財団創作フェローシップ(Creative Fellowship)を視座に
       東京大学(院) 金 志映
  2. 越境するパフォーマティビティ
     ―中国における『ジェンダー・トラブル需要への一考察
       名古屋大学(院) 陳 晨

ワークショップI 14:40―16:40 (311教室)
20世紀初めの<科学>としての心理学と日本文学」
司会・報告 小宮 彰(東京女子大学)
報告
 大嶋 仁(福岡大学)
 メベッド、シャリフ(龍谷大学)
 岩下 弘史(東京大学・院)

ワークショップU 14:40―16:40 (312教室)
ナショナリズムと郷愁―<郷土>の虚構性と重層性
司会・報告 依岡 隆児(徳島大学)
報告
 橋本 恭子(日本社会事業大学・非常勤)
 林 初梅(大阪大学)

学会賞授与式 16:50―17:10 (322教室)

総会 17:10―17:50 (322教室)
 議長 新井 潤美

懇親会 18:10―20:00
 場所 学生ホール
 司会 近藤 圭一(聖徳大学)
 須藤 直人(立命館大学)

6月15日(日)
研究発表U 10:00―12:20
A室 (311教室)
    司会 愛知学院大学 岩田 和男
  1. 徐志摩と常玉の<人体美>:生命のリズムと骨と肉
       東京大学(院)  二村 淳子
  2. 20世紀初頭の英国大衆小説におけるキモノとキモノ姿の
     女性表象の変化―キモノブームという視点から
       大阪大学(院)  サワシュ 晃子
    司会 国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学 稲賀 繁美
  3. 写実主義の乗り越えと絵画の形式論
     ―エミール・ゾラ『テレーズ・ラカン』再考
       東京大学(院)  實谷 総一郎
  4. 木下杢太郎のエドゥアール・マネ受容
     ―「洋画に於ける非自然主義的傾向」を中心に
       練馬区立美術館    小野 寛子
B室 (312教室)
    司会 鶴見大学 富岡 悦子
  1. フランツ・カフカのオリエント物語『古文書の一枚』についての一考察
     イディッシュ語劇『野蛮人』の身振りの挿入の意味をめぐって
       京都大学(非常勤) 林嵜 伸二
  2. 砂、石、書物―ツェラン、ジャベス、オースターに見るユダヤ詩的想像力の系譜
       明治大学 関口 裕昭
    司会 日本大学 椎名 正博
  3. 小国ルクセンブルグのコルパハ・クライス
       ―1920年代の文化的側面における欧州統合
       津田 雅之
    司会 日本女子大学 内山 加奈枝
  4. 「ピカソの赤飯画」から「泣く女」へ
       ―ポール・オースター『幽霊たち』と安部公房『燃えつきた地図』
       九州大学(院)大場 健司
C室 (321教室)
    司会 東北工業大学 高橋 秀太郎
  1. 太宰治「惜別」の成立について
      ―『世界歴史体系』第九巻『東洋近世史(二)』を中心に
       九州大学(院) 劉 金宝
    司会 東北大学 佐野 正人
  2. 金素雲における朝鮮的な情緒としての「線」
     ―柳宗悦の「線」と比較して
       東京大学(院)  権 保慶
    司会 日本大学 高山 茂
  3. 義太夫節における日露戦争の表象
       ―素浄瑠璃『薫梅忠義魁』を中心に
       東京大学(院)  川下 俊文
理事会U 12:25―13:25
シンポジウム 13:30―16:30
未来の記憶―比較文学と核時代
司会・講師 巽 孝之(慶応義塾大学)
講師
 橋本 順光(大阪大学)
 タヤンディエー、ドウニ(立命館大学)
 小林 エリカ(作家)

閉会の辞 16:40 (322教室)
 仙葉 豊 日本比較文学会代表理事・関東学院大学

第75回全国大会は、下記の通り開催されました。
日時  2013年(平成25年)6月15日(土)16日(日)
場所  名古屋大学工学部東山キャンパスIB電子情報館
6月15日(土)

開会の辞
 大嶋 仁 日本比較文学会会長・福岡大学
挨拶
 國枝 秀世 名古屋大学副総長
研究発表T 13:20―14:30
A室 (IB-013教室)
    司会 九州大学 波潟 剛
  1. 松本清張文学における北朝鮮―『北の詩人』を中心に
       筑波大学(院) 李 文鎬
  2. 在日文学と小説の一言語使用―「砧をうつ女」を読む―
       立命館大学 西 成彦
B室 (IB-014教室)
    司会 日本大学 梅本 順子
  1. ハーンの浦島伝説の受容と変容―聖ブランダン伝説との比較を通じて
       日本大学(非常勤) 花畑 隆行
  2. ラフカディオ・ハーンの英文学講義と「ひまわり」を貫くもの
      ―聴覚的効果について
       東京大学(院) 川澄 亜岐子
C室 (IB-015教室)
    司会 大手前大学(名誉) 松村 昌家
  1. 桜田文吾の『貧天地飢餓寒窟探検記』とそのモデル
      ―イギリスの貧困表象との比較
       秋田県立大学 加賀谷 真澄
  2. 夏目漱石とウィリアム・ジェイムズ―『文学論』の(F+f)について
       東京大学(院) 岩下 弘史

ワークショップI 14:40―16:40 (IB-013教室)
身体・言語・視覚の<あいだ>―文化を翻訳すること
司会 坪井 秀人(名古屋大学)
報告
 土屋 勝彦(名古屋市立大学)
 藤岡 伸子(名古屋工業大学)
 星野 幸代(名古屋大学)

ワークショップU 14:40―16:40 (IB-014教室)
クィア・リーディングが拓くもの―実践としての比較文学―
司会 中川 成美(立命館大学)
報告
 黒岩 裕市(フェリス女学院大学・非常勤)
 生駒 夏美(国際基督教大学)
 木村 朗子(津田塾大学)

学会賞授与式 16:50―17:10 (IB-015教室)
総会 17:10―17:50 (IB-015教室)
 議長 山田 潤治(大正大学)
懇親会 18:10―20:00(南部食堂2F 彩〜Sai〜)
 司会 小林 かおり(名古屋市立大学)
 司会 工藤 貴正 (愛知県立大学)

6月16日(日)
研究発表U 10:15―12:00
A室 (IB-013教室)
    司会 関西学院大学 大東 和重
  1. 北村透谷と中国の古典詩人―「蓬莱曲」「髑髏舞」、「ゆきだおれ」を中心に
       九州大学(院)  楊 穎
    司会 上智大学 小林 幸夫
  2. 押川春浪『空中大飛行艇』における土地の描写
      ―ヴェルヌ作品及びパリ旅行記との比較
       立命館大学(院)  武田 悠希
  3. 「洋行」・「翻訳」と横浜正金銀行―永井荷風と川島忠之助を中心に―
       同朋大学(非常勤)  船津 明生
B室 (IB-014教室)
    司会 大阪大学 橋本 順光
  1. 「新しき」ボルネオ論
       専修大学(院) 山田 昭子
    司会 藤女子大学 種田 和加子
  2. 村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』にみる「満州記憶」
       千葉大学(院) 馮 英華
  3. 小説×映画の想像力―『スカイ・クロラ』における「キルドレ」表象を中心に
       立命館大学(非常勤) 禮美 智章
C室 (IB-015教室)
    司会 岐阜大学 林 正子
  1. ベルギー・ドイツ語文学と象徴主義
      ―境界地の作家ポール・ジェラルディー
       日本学術振興会PD 三田 順
  2. 山崎豊子『白い巨塔』におけるドイツ語
       福岡工業大学 徳永 光展

シンポジウム 13:30―16:30 (大講義室)
漢字文化圏における文学の近代化
  ―漢字・漢語・漢詩文は如何なる役割を果たしたのか―
司会・講師 古田島 洋介(明星大学)
講師
 佐藤 一樹(二松学舎大学)
 齊藤 希史(東京大学)
 高 榮蘭(日本大学)

閉会の辞 16:40 (大講義室)
 小宮 彰 日本比較文学会代表理事・東京女子大学

これまでの全国大会は下記の通りでした。
第74回全国大会は、下記の通り開催されました。
日時  2012年(平成24年)6月9日(土)10日(日)
場所  大正大学
6月9日(土)
開会の辞
 大嶋 仁 日本比較文学会会長・福岡大学
挨拶
 多田 孝文 大正大学
研究発表T 13:20―14:30
A室 (3号館2階 327教室)
    司会 東京女子大学 大島 真木
  1. ゲーテのイタリアと鴎外のイタリア
       東京大学(名誉) 平川 祐弘
    司会 東京外国語大学 沼野 恭子
  2. ロシア研究者・二葉亭四迷の実像―大庭柯公との関係を手がかりに―
       東京大学(院) 松枝 佳奈
B室 (3号館2階 328教室)
    司会 広島大学 西原 大輔
  1. 谷崎潤一郎文学に見られる中国人の身体
       ―「支那趣味」作品群を読む―
       名古屋大学(院) 陳 玲
  2. 郁達夫『迷羊』における近代都市の表象
       ―谷崎潤一郎『痴人の愛』との比較から―
       宇都宮大学(院) 趙 敏
C室 (3号館3階 334教室)
    司会 立命館大学 須藤 直人
  1. 1970-1980年代のミステリー小説におけるタイ
       九州大学(院) トリラッサクルチャイ・タナポーン
  2. ガンディーの「村落共同体」
       大阪大学(非) 加瀬 佳代子
D室 (3号館3階 326教室)
    司会 東京大学 佐藤 光
  1. テニスンの"The Charge Of The Light Brigade"の受容の比較
       ―「六百男儿行」と「テニソン氏軽騎隊進撃の詩」を通じて―
       名古屋大学(院) 王 艶珍
  2. Mrs.Henry Wood "East Lynne"の翻案における改変
       ―伊原青々園の『恋の闇』(1905)と
       『子煩悩』(1906)に見られる母性を手がかりに―
       大阪大学(院) 小橋 玲治

ワークショップI 14:40―16:40 (3号館2階 327教室)
占領期日本のメディア検閲と文学―雑誌に映し出される日本・アメリカ・フランス―
司会・講師 井上 健(日本大学)
講師
 十重田 裕一(早稲田大学)
 衣笠 正晃(法政大学)

ワークショップU 14:40―16:40 (3号館2階 多目的コーナー)
東アジアモダニズム―植民地年におけるモダン文化の生成と帝国主義の力学について―
コーディネーター 劉 建輝(国際日本文化研究センター)
講師
 エリス 俊子(東京大学)
 波潟 剛(九州大学)
 佐野 正人(東北大学)

学会賞授与式 16:50―17:10 (3号館2階 多目的コーナー)
総会 17:10―17:50 (3号館2階 多目的コーナー)
 議長 中 直一(大阪大学)
懇親会 18:10―20:10(2号館8階会議室)
 司会 岩田 和男(愛知学院大学)

6月10日(日)
研究発表U 10:00―12:20
A室 (3号館2階 327教室)
    司会 愛知県立大学 工藤 貴正
  1. 安懐南の身辺小説論と日本の大正・昭和初期の私小説論に関する比較と考察
       大阪大学(院)  伊藤 啓
  2. 花田清輝と『ドン・キホーテ』―マルクス主義的受容との接点を中心に―
       日本女子大学  田中 有美
    司会 東京大学 今橋 映子
  3. カズオ・イシグロの『浮世の画家』と小津映画
       九州大学(院)  武富 利亜
  4. フランシス・ゴールトンの合成写真研究とラフカディオ・ハーンにおけるその変容
       九州栄養福祉大学 藤原 まみ
B室 (3号館2階 328教室)
    司会 九州大学(名誉) 有村 隆広
  1. 同化と回想―アメリカ先住民オヒエサとユダヤ系ドイツ語作家フランツ・カフカ―
       京都大学(非常勤) 林嵜 伸二
    司会 名古屋大学 坪井 秀人
  2. 金達寿戦後初期作品における「異郷」の空間表象
       東京大学(院) 逆井 聡人
  3. 異郷体験をめぐる現実と虚構―リービ英雄の台湾、安部公房の満州―
       名古屋大学(院) 張 雅テイ
C室 (3号館3階 326教室)
    司会 関西学院大学 李 建志
  1. 満州作家の近代空間体験
       ―近代公園文化の受容を通して―
       同済大学日本学研究所研究員 李 偉
    司会 東京工業大学 劉 岸偉
  2. 柳田国男の固有信仰論に対する周作人の反応
       大阪大学(非)  王 蘭
  3. 「老上海」内山完造と「支那通」後藤朝太郎の中国認識
       関西学院大学(非)  呂 慧君

シンポジウム 13:30―16:30 (3号館2階 多目的コーナー)
「比較植民地文学の射程―「引揚者」の文学を開く―」
司会 西 成彦(立命館大学)
講師
 中村 和恵(明治大学)
 杉浦 清文(神戸大学・非)
 原 佑介(日本学術振興会特別研究員)
 朴 裕河(世宗大学校)

閉会の辞 16:40 (3号館2階 多目的コーナー)
 小宮 彰 日本比較文学会代表理事・東京女子大学