■ 機関誌『比較文学』バックナンバー目次

『比較文学』58巻(2016年3月31日発行)
論文
  • 博物学の人魚表象――魚、女性、哺乳類(中丸 禎子)
  • 金素雲における朝鮮的情緒としての「線」
     ――柳宗悦の「線」と朝鮮民謡(権 保慶)
  • 安南ルネサンス」への一考察
     ――二〇世紀初頭におけるベトナム芸術をめぐる
       二つの「ルネサンス」(二村 淳子)
  • ゾラによるオペラの美学
     ――<<水車小屋攻撃>>の物語と「楽劇」との対応関係について
      (林 信蔵)
  • 安部公房作品における羊の表象
     ――満州の緬羊飼育との関係から(江口 真規)
選評
第二十回日本比較文学会賞選評 (北村 卓)

書評
  • 河村民部著『エロスとアガペ饗宴の比較文学
     ――ヴィーナス・タンホイザー伝説から川端康成まで』(松村 昌家)
  • 池田美紀子著『夏目漱石 眼は識る東西の字』(斉藤 恵子)
  • 千葉一幹著『宮沢賢治』(私市 保彦)
  • 佐藤光著『柳宗悦とウィリアム・ブレイク
     ――環流する「肯定の思想」』(梶谷 崇)  
  • 許時嘉著『明治日本の文明言説とその変容』(斎藤 希史)
  • 南明日香著『国境を越えた日本美術史
     ――ジャポニズムからジャポノロジーへの交流誌 1880〜1920』(小泉 順也)
  • 鈴木貞美著『「近代の超克」――その戦前・戦中・戦後』(李 京僖)
  • 大東和重著『台南文学
     ――日本統治期台湾・台南の日本人作家群像』(西原 大輔)    
  • 菊池有希著『近代日本におけるバイロン熱』(鳥越 輝昭)
  • クリスチャン・ヨプケ著、伊藤豊・長谷川一年・竹島博之訳
     ――『ヴェール論争 リベラリズムの試練』(三宅 晶子)
  • 松村敏彦著『ジョウゼフ・コンラッド
      ――比較文学的研究と作品研究』(橋本 順光)
  • 橋本陽介著『物語における時間と話法の比較詩学
     ――日本語と中国語からのナラトロジー』(李 哲権)
  • 陳凌虹著『日中演劇交流の諸相 ―― 中国近代演劇の成立』(榊原 真理子)
  • 堀まどか著『「二重国籍」詩人 野口米次郎』(菅原 克也)
  • 南相旭著『三島由紀夫における「アメリカ」』(金 志映)
  • 東聖子・藤原マリ子編『国際歳時記における比較研究
     ―― 浮遊する四季のことば』(前島 志保)
欧文書評
  • KUMAMOTO Sanae and NOBUOKA Asako (eds.)
    Kaku to saigai no hyosho: Nichibei no oto to shogen (Representing Natural and Nuclear Disasters: Responses and Testimonies)
    (KONO Shion)
  • HIRAISHI Noriko
    Hanmon seinen to jogakusei no bungakushi: Seiyo o yomikaete (Anguished Youths and Girl Students in Modern Japan: Reintepreting Western Literature)
    (SAWAIRI Yoji)

『比較文学』57巻(2015年3月31日発行)
論文
  • エミール・ゾラ『テレーズ・ラカン』とポスト・レアリスムの絵画理論
     (實谷 総一郎)
  • 木下杢太郎のエドゥアール・マネ受容に関する一考察 (小野 寛子)
  • 夏目漱石における<感情>の文学論
      ――C・T・ウィンチェスター『文芸批評論』とレオ・トルストイ
        『芸術とはなにか』を視座として (木戸浦 豊和)
  • カノンを輸入する――『ハーヴァード・クラシックス』と円本全集 (秋草 俊一郎)
  • 昭和三〇年代の日本における「黒人文学」と文学運動の連環
      ――木島始の「戦後詩」・「民衆」・ジャズ(西田 桐子)
選評
第十九回日本比較文学会賞選評

書評
  • 稲賀繁美著『絵画の臨界―近代東アジア美術史の桎梏と命運 (二村 淳子)
  • 富岡悦子著『パウル・ツェランと石原吉郎』 (君野 隆久)
  • 鈴木暁世著『越境する想像力―日本近代文学とアイルランド(中島 俊郎)
  • 岩本和子・石部尚登編『「ベルギー」とは何か―アイデンティティの多層性』
    (佐々木 悠介)
  • 岩津航著『死の島からの旅―福永武彦と神話・芸術・文学』 (西岡 亜紀)
  • 石毛弓・柏木隆雄・小林宜之編『日仏文学・美術の交流』―「トロンコワ・コレクション」とその周辺』(林 久美子)
  • 川島健著『ベケットのアイルランド』 (木内 久美子)
  • 田中徳一著『筒井徳二郎―知られざる剣劇役者の記録
      ――1930〜31年22カ国巡業の軌跡と異文化接触』(川下 俊文)
  • 坂元昌樹・西槙偉・福沢清編『ハーンのまなざし―文体・受容・共鳴』
    (梅本 順子)
  • 閻瑜著『新しい中島敦像―その苦悩・遍歴・救済』 (須藤 直人)
  • 武田悠一著『フランケンシュタインとは何か―怪物の倫理学』 (廣野 由美子)
  • 藤沢全著『井上靖の小説世界―ストーリーテラーの原風景』(李 哲権)
  • 田中雅史著『幻滅からの創造―現代文学と<母親>からの分離』
     (中村 三春)
  • 丁貴連著『媒介者としての国木田独歩―ヨーロッパから日本、そして朝鮮へ』 (金 光林)
  • 清水恵美子著『五浦の岡倉天心と日本美術院』(林 洋子)
  • 河野至恩著『世界の読者に伝えるということ』 (秋草 俊一郎)    
  • ソーントン不破直子著『戸籍の謎と丸谷才一』 (李 建志)
欧文書評
  • TOMODA Yoshiyuki
    Sengo zen'ei eiga to bungaku: Abe Kobo x Teshigahara Hiroshi
    (Postwar Avant-Garde Film and Literature: Abe Kobo x Teshigahara Hiroshi
     (Haga Tadahiko)
  • OHIGASHI Kazushige Iku Tappu to Taisho Bungaku:<Jiko-hyogen> kara <jiko-jitsugen>no jidai he (Yu Dafu and Taisho Literature: from the Era of "Self-Expression"to"Self Realization" (Fujioka Nobuko)

『比較文学』56巻(2014年3月31日発行)
論文
  • 梵門と隠逸――『新撰万葉集』の歌と詩 (呉 衛峰)
  • ファム・クインと岡倉覚三の「ルネサンス」
      ――東アジアにおける「古典」の創出と近代化 (二村 淳子)
  • 夏目漱石とウィリアム・ジェイムズ
    ――  『文学論』の「印象又は観念」という用語をめぐって (岩下 弘史)
  • 獨歩とワーズワース――「小春」をめぐって (河村 民部)
  • 山室静のラーゲルレーヴ受容――近代批判と牧歌的な北欧(中丸 禎子)
追悼・河竹登志夫先生
  • 河竹登志夫先生と歌舞伎 (古井戸 秀夫)
  • 河竹登志夫先生を悼む (小玉 晃一)
  • 河竹登志夫先生を偲んで (小玉 実英)
  • 河竹先生 (諸坂 成利)
選評
第十八回日本比較文学会賞選評

書評
  • 井桁貞義・井上健編『チェーホフの短編小説はいかに読まれてきたか』
      (加藤 百合)
  • 森本隆子著『<崇高>と<帝国>の明治―夏目漱石論の射程―』
       (種田 和加子)
  • 上垣外憲一編『一九三〇年代東アジアの文化交流』 (大東 和重)
  • 郭南燕編著『バイリンガルな日本語文学―多言語多文化のあいだ―』
     (張 偉雄)
  • 加藤百合著『明治期露西亜文学翻訳論攷』 (籾内 裕子)
  • 九頭見和夫著『日本の「人魚」像―日本書紀から
      ヨーロッパの「人魚」像の受容まで』(中丸 禎子)
  • 仁平政人著 『川端康成の方法―二十世紀モダニズムと「日本」言説の構成―』 (エリス 俊子)
  • 蘭明著『李箱と昭和帝国―東アジアの自画像として―』(波潟 剛)
  • 劉岸偉著『周作人伝―ある知日派文人の精神史―』 (西原 大輔)
  • 友田義行著『戦後前衛映画と文学―安部公房×勅使河原宏―』 (川口恵子)
  • 土屋忍編『南洋文学の生成―訪れることと想うこと―』 (西 成彦)
  • 岩佐壮四郎著『島村抱月の文藝批評と美学理論―』(テレングト・アイトル)
  • 徳盛誠著『海保青陵―江戸の自由を生きた儒者』 (飯嶋 裕冶)
欧文書評
  • 日本比較文学会編『越境する言の葉―世界と出会う日本文学―
    日本比較文学会創立六〇周年記念論集』(ソーントン不破直子)
  • 和田桂子・松崎碩子・和田博文編『満鉄と日仏文化交流誌「フランス・ジャポン」』 (稲賀 繁美)
  • 秋草俊一郎著『ナボコフ 訳すのは「私」―自己翻訳がひらくテクスト』 (ヨコタ村上孝之)
  • 国際比較文学会(ICLA)二〇一三パリ大会参加記 (永井 久美子)

『比較文学』55巻(2013年3月31日発行)
論文
  • ロンドンの異邦人達
    ――漱石・カーライル・シャープー (飛ヶ谷 美穂子)
  • 柳宗悦に於ける、「テムペラメント」
    ――『ヰリアム・ブレーク』(一九一四)の基底音―― (佐藤 光)
  • 銭稲孫と日本古典文学の中国語訳
    ――『源氏物語』「桐壺」巻の訳を中心に―― (呉 衛峰)
  • ロシア研究者・二葉亭四迷の実像
    ――大庭柯公との関係を手がかりに―― (松枝 佳奈)
  • 合成体としての個
    ――ラフカディオ・ハーンとフランシス・ゴールトンの合成写真論――(藤原まみ)
  • カフカの遺産相続人として
    ――ポール・オースターにおける主体の回帰――(内山 加奈枝)
  • 帰国の前奏曲
    ――永井荷風『黄昏の地中海』における音楽作品に対する言及をめぐって――(林 信蔵)
選評
第十七回日本比較文学会賞選評

書評
  • 日本比較文学会編『越境する言の葉―世界と出会う日本文学―』 (金原 理)
  • 大澤吉博著『言語のあいだを読む―日・英・韓の比較文学―』
       (大嶋 仁)
  • ソーントン不破直子・内山加奈枝編著『作品は「作者」を語る
      ―アラビアン・ナイトから丸谷才一まで―』 (小田桐 弘子)
  • 井上健編『翻訳文学の視界―近現代日本文化の変容と翻訳―』 (川戸 道昭)
  • 瀧井敬子・平高典子著『幸田延の『滞欧日記』』 (安田 寛)
  • 坂元昌樹・西槇偉・福澤清編『越境する漱石文学』 (飛ヶ谷 美穂子)
  • 野網摩利子著 『夏目漱石の時間の創出』 (李 哲権)
  • 坪井秀人著『性が語る―二〇世紀日本文学の性と身体』(木村 朗子)
  • 有本志保著『男と女を生きた作家
      ―ウィリアム・シャープとフィオナ・マクラウドの作品と生涯―』 (鈴木 暁世)
  • 清水恵美子著『岡倉天心の比較文化史的研究
      ―ボストンでの活動と芸術思想―』 (李 京僖)
  • 佐藤伸宏著『詩の在りか―口語自由詩をめぐる問い―』 (國分 敏宏)
  • 朴順伊著『アジア文化と文学思想―日韓比較の視点から―』
       (西 成彦)
  • 平石典子著『煩悶青年と女学生の文学誌―「西洋」を読み替えて』 (種田 和加子)
  • 川本皓嗣・上垣外憲一編『比較詩学と文化の翻訳』 (小林 茂)
  • 大貫徹著『「外部」遭遇文学論―ハーン・ロティ・猿―』 (岩田 和男)
  • 北川扶生子著『漱石の文法』 (徳永 光展)
  • 新井潤美著『『執事とメイドの裏表』
      ―イギリス文化における使用人のイメージ―』 (橋本 雅子)
  • 金子幸代著『鴎外と近代劇』 (岩本 真理子)
  • 浜崎洋介著『福田恒存 思想の<かたち>
      ―イロニー・演戯・言葉―』 (菊池 有希)
  • 中村三春著『花のフラクタル―20世紀日本前衛小説研究―』 (西村 靖敬)
  • 松村昌家著『文豪たちの情と性へのまなざし―逍遥・漱石・谷崎と英文学―』
      『ヴィクトリア朝文化の世代風景―ディケンズからの展望―』(橋本 順光)
  • 張偉雄著『比較文学考』 (戦 暁梅)
  • 須藤直人著『Nanyo- Orientalism: Japanese Representations of the Pacific』  (前島 志保)
  • 大東和重著 『郁達夫と大正文学
      ―<自己表現>から<自己実現>の時代へ』 (工藤 貴正)
  • 種田和加子著『泉鏡花論―到来する「魔」―』 野口 哲也)
  • 堀啓子著・訳『和装のヴィクトリア文学
      ―尾崎紅葉の『不言不語』とその原作―』 (平石 典子)
  • 橋本恭子著『『華麗島文学志』とその時代―
      比較文学者島田謹二の台湾体験―』 (佐野 正人)
  • 前野みち子著『恋愛結婚の成立―近世ヨーロッパにおける女性観の変容―』  (仙葉 豊)

『比較文学』54巻(2012年3月31日発行)
論文
  • 損われた無垢
    ――『骨董屋』との比較による虐げられた人びと』論―― (高橋 知之)
  • 描かれ、描かせる崔承喜
    ――九四〇年代の日本画壇と朝鮮の舞姫―― (李 賢ラ)
  • 斎藤茂吉写生説の形成
    ――ニーチェの芸術観との関連において―― (前田 知津子)
  • 森鴎外『うたかたの記』におけるロマン主義の実相
    ――「女神バワリア」の系譜をめぐって―― (美留町 義雄)
  • 韓国における『長恨夢(チャンハンモン』の大衆的受容――小説・演劇・メディア―― (申 美仙)
  • 彫像師の悲恋物語と仏師の悲恋物語
    ――内田魯庵訳コンウェイ「彫像師」と幸田露伴「風流佛」――(吉田 大輔)
  • 張資平作品における「自由恋愛」
    ――一九一〇年代末から一九二〇年代の知識人の言説を踏まえて――(清地 ゆき子)
  • 方定煥と翻訳童話「王子と燕」 (金 志映)
  • 「正義」はどこにあるのか
    ――一金史良の「太白山脈」をめぐって (朴 銀姫)
  • Rhy's Texts and the Modernist Connection with Ce'saire (Midori Saito)
書評
  • 加瀬佳代子著『M・K・ガンディーの真理と悲暴力をめぐる言説史
    ――ヘンリー・ソロー、R・K・ナラヤン、V・S・ナイポール、
       映画『ガンジー』を通して』 (小宮 彰)
  • 牧野陽子著『<時>をつなぐ言葉――ラフカディオ・ハーンの再話文学』
       (梅本 順子)
  • 佐々木英昭著『漱石先生の暗示』 (小谷野 敦)
  • 遠田勝著『<転生>する物語―小泉八雲「怪談」の世界』 (河島 弘美)
  • 梶野絵奈・長木誠司・ヘルマン・ゴチェフスキ編『貴志康一と音楽の近代』
       (椎名 亮輔)
  • 畑中千晶著『鏡にうつった西鶴―翻訳から新たな読みへ―』
       (私市 保彦)
  • 高橋誠一郎著 『黒澤明で「白痴」を読み解く』 (清水 孝純)
  • 金雪梅著『金子光晴の詩法の変遷―その契機と軌跡』(渋谷 豊)
  • 荘中孝之著『カズオ・イシグロ<日本>と<イギリス>の間から』 (松岡 直美)
  • 寺田操著『尾崎翠と野溝七生子 二十一世紀を先取りした女性たち』
       (飛ヶ谷 美穂子)
  • 大嶋仁著『比較文学論考―新しい日本文学への取りくみ―』 (岩本 真理子)
  • 秋草俊一郎著『ナボコフ 訳すのは「私」/自己翻訳がひらくテクスト』
       (西 成彦)
  • 藤尾健剛著『漱石と近代日本』 (菊池 有希)
  • 増田裕美子・佐伯順子編『日本文学の「女性性」』 (橋本 雅子)
  • 今村武・橋本由紀子・小野寺玲子・内堀奈保子著
       『不道徳な女性の出現 独仏英米の比較文化』 (柏木 隆雄)
  • 村田裕和著『近代思想社と大正期ナショナリズムの時代』 (前島 志保)
  • 井上健著『文豪の翻訳力』 (菅原 克也)
  • 西槇偉著『響きあうテキスト―豊子トと漱石、ハーン』 (戦 暁梅)

『比較文学』53巻(2011年3月31日発行)
論文
  • ウィリアム・ブレイクから三木露風へ
    ――『無垢と経験の歌』変奏曲―― (佐藤 光)
  • 周作人と『遠野物語』 (王 蘭)
  • J.M.シングを読む菊地寛/菊地寛を読むW.B.イェイツ
    ――日本文学とアイルランド文学の相互交渉―― (鈴木 暁世)
  • セルマ・ラーゲルレーヴ『エルサレム』の「周縁」性
    ――主人公イングマルとオデュッセウス、オーディン、ロキ、ユダとの比較―― (中丸 禎子)
  • ロティがみた中国人と日本人――タヒチから日本へ―― (カバ・加藤 メレキ)
  • 大江健三郎における深瀬基寛訳『オーデン詩集』の受容
    ――「政治と性」の淵源としてのオーデン――(高橋 由貴)
  • 小栗風葉作『脚本 奇縁』と原作者Charlotte M.Brame (堀 啓子)
  • 福永武彦「死の島」における橋
    ――ワイルダーと玉堂をめぐって―― (岩津 航)
書評
  • 山中由里子著『アレクサンドロス変相 古代から中世イスラームへ』 (大嶋 仁)
  • 小林茂著『薩摩治郎八 パリ日本館こそわがいのち』 (柏木 隆雄)
  • 川本皓嗣・上垣外憲一編『一九二〇年代東アジアの文化交流』 (梶谷 崇)
  • 亀井伸治著『ドイツのゴシック小説』 (富岡 悦子)
  • 工藤貴正著『中国語圏における厨川白村現象 交流・衰退・回帰と継続』
     (大東 和重)
  • 林信蔵著『永井荷風 ゾライズムの射程――初期作品をめぐって』
     (岩佐 壮四郎)
  • 中田幸子著 『文芸の領域でIWWを渉猟する』 (森本 真一)
  • 大木昭男著『漱石と「露西亜の小説」』(西野 常夫)
  • 坪井秀人・藤木秀朗編『イメージとしての戦後』 (山田 潤治)
  • 藤澤全著『詩人井上靖――若き日の叙情と文学の原点――』  (小玉 晃一)
  • 南明日香著『荷風と明治の都市景観』 (北村 卓)

『比較文学』52巻(2010年3月31日発行)
論文
  • 森鴎外「安井夫人」論 (清田 文武)
  • 寺山修司『街に戦場あり』にみる「ダイアローグ」
    ――中平卓馬、森山大道の写真理論とともに (堀江 秀史)
  • 林房雄におけるバイロン受容の展開
    ――『青年』から『壮年』へ―― (菊池 有希)
  • 谷崎潤一郎の読んだ林語堂のMoment in Peking (崔 海燕)
  • 金史良の日本語文学作品における
    「差異」の表象をめぐって
    ――「内鮮一体」期における
    朝鮮知識人の現実変革の試みとして―― (宮崎 靖士)
  • フォークナーのキホーティズム
    ――ギャヴィン・スティーヴンズの喜劇性と道徳性――(田中 有美)
  • ゾラ受容の一側面
    ――荷風の初期作品における「遺伝」をめぐって (林 信蔵)
  • 「白秋初期詩集における青色の詩学」
    ――メーテルランク受容の視座から―― (出口 馨)
  • 路易士と日本
    ――戦時上海における路易士の文学活動をめぐって―― (杉野 元子)
  • 《趣味の審判者》の系譜
    ――ペトロニウスから代助まで―― (飛ヶ谷 美穂子)
書評
  • 林洋子著『藤田嗣治 作品をひらく旅・手仕事・日本』 (斉藤 恵子)
  • 太田靖子著『俳句とジャポニズム
     メキシコ詩人タブラーダの場合』 (シャウマン・ヴェルナー)
  • 金原理著『日本の古典と漢文学
    ――和歌と漢文学・類書・大宰府と道真 他』 (古田島 洋介)
  • 加藤信朗監修 鶴岡賀雄・加藤和哉・小林剛編
    『キリスト教をめぐる近代日本の諸相――響鳴と反撥』 (橋本 雅子)
  • 坂元昌樹・田中雄次・西槙偉・福澤清編『漱石と世界文学』 (佐藤 裕子)
  • 大野雅子著『ノスタルジアとしての文学、イデオロギーとしての文化
    ――『妖精の女王』と『源氏物語』、ロマンスと「物語」』 (山口 博)
  • Yasuko CLAREMONT著 Japanse Poetry (リース・モートン)
  • 和田博文・真鍋正宏・西村将洋・宮内淳子・和田桂子著
    『言語都市・ロンドン・一八六一‐一九四五』(松村 昌家)
  • 小宮彰著『ディドロとルソー 言語と《時》
    ――一八世紀思想の可能性――』 (大嶋 仁)
  • 佐々木英昭・松居竜五編『芸術メディアの
    カルチュラル・スタディーズ』  (長澤 唯史)
  • 大久保美春著『フランク・ロイド・ライト
    ――建築は自然への奉げ物』 (藤岡 伸子)
  • 新井潤美著『自負と偏見のイギリス文化
    ――J.オースティンの世界』
  •    同  『へそ曲がりの大英帝国』 (武田美保子)
  • 中川成美著『モダニティの想像力――文学と視覚性――』 (中村 三春)
  • 伊藤嘉啓著『石原莞爾のヨーロッパ体験』 (林 正子)
  • 西 成彦著『エクストラテリトリアル 移動文学論U』 (田辺 欧)
  • 多ヶ谷有子著『王と英雄の剣 アーサー王・ベーオウルフ・ヤマトタケル
    ――古代中世文学における勲と志』 (鈴木 満)
  • 岩佐荘四郎著『日本近代文学の断面 一八九〇‐一九二〇』 (有光 隆司)
  • 西岡亜紀著『福永武彦論――「純粋記憶」の生成とボードレール』 (北村 卓)
  • 川勝麻里著『明治から昭和における『源氏物語』の受容
    ――近代日本の文化創造と古典 (衣笠正晃)    
  • 平川祐弘著『アーサー・ウェイリー『源氏物語』の翻訳者』(加納 孝代)

『比較文学』51巻(2009年3月31日発行)
論文
  • 有吉佐和子の「アメリカ」――『亀遊の死』
     (戯曲『ふるあめりかに袖はぬらさじ』)を中心に―― (金 志映)
  • ベルギー象徴派における文学と美術の照応
    ――ジョルジュ・ローデンバックとグザヴィエ・メルリの比較研究――
     (三田 順)
  • シャルル・シャッセの美術批評再考
    ――ポン=タヴェン派をめぐる言説とブルターニュの地域主義のはざまで―― (小泉 順也)
  • 『死の島』の視点とアンドレ・ジッド
    ――福永武彦における『贋金つかい』の受容― (西岡 亜紀)
  • 魯迅「『ビアズリー画選』小序」の成立
    ――シモンズ、ジャクソンの影響を中心に―― (星野 幸代)
  • 周作人の「鬼・怪」論
    ――柳田国男と比較して――(王 蘭)
  • 心の隔たり
    ――豊子ト「華瞻的日記(華瞻の日記)と漱石の「柿」
     (西槇 偉)
  • 小林愛雄の歌劇翻訳
    ――《ボッカチオ》の方法―― (伊藤 由紀)
書評
  • 坪井秀人著『戦争の記憶をさかのぼる
    ――『感覚の近代−声・身体・表象−』 (中村 三春)
  • 今橋映子著『ブラッサイ:パリの越境者=Brassai : au dela des frontieres a Paris』 (鈴木 禎宏)
  • 李健志著『朝鮮近代文学とナショナリズム」
    ――「抵抗のナショナリズム」批判』 (中根 隆行)
  • 籾内裕子著『日本近代文学と「猟人日記」
    二葉亭四迷と嵯峨の屋むろにおける「猟人日記」翻訳の意義を通して』 (土屋 直人)
  • 柏木隆雄著『交差するまなざし
    ――日本近代文学とフランス――』 (稲垣 直樹)
  • 林洋子著『藤田嗣治 作品をひらく――旅・手仕事・日本――』 (湯原 かの子)
  • 小林かおり著
    『じゃじゃ馬たちの文化史
    ――シェイクスピア上演と女の表象』 (児玉 実英)
  • ソーントン不破直子著『ギリシアの神々とコピーライトー
    「作者」の変遷、プラトンからIT革命まで』(私市 保彦)
  • 西田大輔著『橋本関雪 師とするものは支那の自然』 (戦 暁梅)
  • 徳永光展著『夏目漱石『心』論』  (李 哲権)
  • 長島要一著『日本・デンマーク文化交流史1600−1873』 (大久保 喬樹)
  • 松岡光治著『ギッシングを通してみる後期ヴィクトリア朝の社会と文化』
     (目高 真帆)
  • 川本皓嗣・松村昌家編『阪神文化論』 (北村 卓)
  • 筑波大学文化批評研究会編『テクストたちの旅程
    ――移動と変容の中の文学――』 (西原 大輔)
  • バーバラ・佐藤編『日常生活の誕生――戦間期日本の文化変容』 (仙葉 豊)
  • 竹村民郎・鈴木貞美編『関西モダニズム再考』 (十重田 裕一)
  • 大久保喬樹著『日本文化論の名著入門』 (吉田 和久)
  • 佐々木靖章編『夏目漱石・蔵書(洋書)の記録
    ――東北大学所蔵「漱石文庫」に見る――』 (小玉 晃一)

『比較文学』50巻(2008年3月31日発行)
論文
  • 阿部知二『捕囚』における「近代」の問題
    ――三木清、バイロン、D・H・ロレンス―― (菊池 有希)
  • 「文化政治」を歩く柳宗悦
    ――朝鮮文化事業をめぐる言説を手がかりとして―― (梁 智英)
  • 泉鏡花における語りと変身
    ――アプレイウス「黄金のろば」との対比から―― (野口 哲也)
  • 方法としての<心理>
    ――川端康成における「新心理主義」をめぐって― (仁平 政人)
  • 魯迅における「革命的木刻」観の考察
    ――ロシア・アヴァンギャルドとの接点を手がかりに―― (韓 氷)
  • 三島由紀夫『金閣寺』における「アメリカ」 (南 相旭)
  • 仏蘭西学会の設立と伝統主義論争
    ――エミール・エックと太宰施門の第一次世界大戦―― (村田 裕和)
  • 福永武彦『幼年』におけるボードレール
    ――「万物照応」の受容について―― (西岡 亜紀)
書評
  • 鈴木禎宏著『バーナード・リーチの生涯と芸術
    ――「東と西の結婚」のヴィジョン――』 (内藤 高)
  • 佐藤伸宏著『日本近代象徴詩の研究』 (菅原 克也)
  • 南明日香著『永井荷風のニューヨーク・パリ・東京
    ――造景の言葉――』 (大久保 喬樹)
  • 渡辺善雄著『鴎外・闘う啓蒙家』 (中村 三代司)
  • Tatsumi, Takayuki『Full Metal Apache: Transactions Between
    Cyberpunk Japan and Avant-Pop America
    』 (ヨコタ村上 孝之)
  • 榎本泰子著『上海オーケストラ物語
    ――西洋人音楽家たちの夢――』 (椎名 亮輔)
  • 和田博文、真鍋正宏、西村将洋、宮内淳子、和田桂子著
    『言語都市ベルリン・1861−1945』 (畠中 美菜子)
  • 私市保彦著『名編集者エッツェルと巨匠たち
    ――フランス文学秘史――』(柏木 隆雄)
  • 柴田勝二著『漱石のなかの<帝国>
    ――国民作家と近代日本――』 (徳永 光展)
  • 高橋誠一郎著『ロシアの近代化と若きドフトエフスキー
    ――「祖国戦争」からクリミア戦争へ――』  (西野 常夫)
  • 西成彦・池内靖子編『異郷の身体――
    テレサ・ハッキョン・チャをめぐって』 (李 建志)
  • 松村昌家編『夏目漱石における東と西』 (佐藤 裕子)
  • 西川盛雄編『ラフカディオ・ハーン
    ――近代化と異文化理解の諸相――』 (太田 雄三)

『比較文学』49巻(2007年3月31日発行)
論文
  • 岡倉覚三のオペラ台本”The White Fox”
    ――内在する歌舞伎をヴァーグナー―― (清水 恵美子)
  • 「写生」の境界――高浜虚子『朝鮮』の様式―― (水野 達朗)
  • 「暴徒の子」が物語るもの
    ――菊池寛とアイルランド文学の再考に向けて―― (金 牡蘭)
  • 保田與重郎の岡倉天心論
    ――三つの架橋の相―― (李 京僖)
  • 正岡子規の漢詩の世界
    ――格律の角度から正岡子規の漢詩における分析及び
     夏目漱石の漢詩創作との比較研究―― (周 晨亮)
  • フェリックス・レガメ――『お菊さんのバラ色ノートの試み』
    ――「黄禍論」時代におけるピエール・ロティへの反駁―― (林 久美子)
  • 鄭芝溶におけるホイットマン
    ――有島武郎を媒ちにして―― (金 暁美)
  • Connecting the Past and the Present:
    ――A Reading of Amitav Ghosh's In an Antique Land―― (OZAWA Shizen)
書評
  • 唐権著『海を越えた艶ごと
    ――日中文化交流秘史』 (菅原 克也)
  • 中村三春著『係争中の主体
    ――漱石・太宰・賢治』 (佐藤 裕子)
  • 野田康文著『大岡昇平の創作方法
    ――『俘虜記』『野火』『武蔵野夫人』 (小宮 彰)
  • 湯原かの子著『藤田嗣治――パリからの恋文』 (林 洋子)
  • 佐藤裕子著『漱石のセオリー――『文学論』解読』 (塚本 利明)
  • 波潟剛著『越境のアバンギャルド』 (中根 隆行)
  • 西槇 偉著『中国文人画家の近代
    ――豊子トの西洋美術受容と日本』 (戦 暁梅)
  • 井上英明著『列島の古代文学
    ――比較神話から比較文学へ』(正道寺 康子)
  • 西成彦著『耳の悦楽――ラフカディオ・ハーンと女たち』 (河島 弘美)
  • HIRAKAWA, Sukehiro, Japan's Love-hate Relationship with the West (武井 典子)
  • 河村民部著『「岬」の比較文学
    ――近代イギリス文学と近代日本文学の自然描写をめぐって』 (藤岡 伸子)
  • 川本皓嗣・松村昌家編『ヴィクトリア朝英国と東アジア』 (小沢 自然)
  • 秋山正幸・榎本義子編著『比較文学の世界』 (畑中 千晶)
  • 瀧田佳子編『太平洋世界の文化とアメリカ
    ――多文化主義・土着・ジェンダー』 (津久井 喜子)
  • 芝山豊・岡田和行編『モンゴル文学への誘い』 (テレングト・アイトル)

『比較文学』48巻(2006年3月31日発行)
論文
  • 明治期の修辞観と社会進化論
    ――夏目漱石のアレグザンダー・ポープ論における
    分裂と可能性―― (北川扶生子)
  • 周作人と森鴎外の『ヰタ・セクスアリス』
    ――近代東アジア知識人のある共通性―― (王蘭)
  • 発心するマンフレッド、悔い改める文覚
    ――北村透谷の「心機妙変」観―― (菊池有希)
  • 中国自然主義
    ―― 一九二〇年代前半の中国における
    自然主義と日本自然主義の移入―― (大東和重)
  • 芸術か啓蒙か
    ――『オリニ』(正しくはハングル表記)における日本童謡の
    「模作」をめぐって―― (黄 善英)
  • ギベールのロマン=フォトとは何だったのか
    ――文学と写真の臨界に ―― (佐々木悠介)
  • 「サッティヤーグラハ」言説の批判的分析
    ――ナイポールの「ガンディー主義」批判を手掛かりに―― (加瀬佳代子)
  • 江戸川乱歩と映画的想像力
    ――「火星の運河」を中心に―― (韓 程善)
書評
  • 中根隆行著『<朝鮮>表象の文化誌
    ――近代日本と他者をめぐる知の植民地化』 (金原 理)
  • 諸坂成利著『虎の書跡
    ――中島敦とボルヘス、あるいは換喩文学論』 (杉田弘子)
  • 藤田みどり著『アフリカ「発見」
    ――日本におけるアフリカ像の変遷』 (杉田英明)
  • 鈴木ふさ子著『オスカー・ワイルドの曖昧性
    ――デカダンスとキリスト教的要素――』 (堀江珠喜)
  • 西川正也著『コクトー、1936年の日本を歩く』 (田所光男)
  • 柴田勝二著
    『<作者>をめぐる冒険
    ――テクスト論を超えて』 (中村三春)
  • 久頭見和夫著『太宰治と外国文学
    ――翻案小説の「原典」へのアプローチ――』(依岡隆児)
  • M・J・デ・プラダ=ヴィセンテ著
    『日本文学の本質と運命』
     M・J・デ・プラダ=ヴィセンテ 大嶋仁 共著
    『ゆらぎとずれの日本文学史』 (吉田和久)
  • 藤澤全著
    『言語文化の諸相――近代文学』 (林正子)
  • 新井潤美著『不機嫌なメアリー・ポピンズ
    ――イギリス小説と映画から読む「階級」――』 (宮崎かすみ)
  • Barbara Sato,The New Japanese Woman:
    ――Modernity, Media, and Women in Interwar Japan
     (平石典子)
  • マブソン・ローラン著『詩としての俳諧 俳諧としての詩
    ―― 一茶・クローデル・国際ハイク――』 (金子美都子)
  • 大石加奈子著
    『宮沢賢治――銀が鉄道と光のふぁんたじあ』 (千葉一幹)
  • 佐藤三武朗著『島崎藤村『破戒』に学ぶ
    ――いかに生きる』(岩佐壮四郎)
  • 内藤高著『明治の音――
    西洋人が聴いた近代日本』 (ソーントン不破直子)
  • 中村健之介著『永遠のドストエフスキー
    ――病という才能』 (清水孝純)
  • 編者代表 松村昌家著『視覚芸術の比較文化』
    ――大手前大学比較文化研究叢書2 (斉藤恵子)

『比較文学』47巻(2005年3月31日発行)
論文
  • 翻訳の力と演劇の改革
    ――松居松葉とアイルランド演劇―― (小嶋千明)
  • ポール・クローデルの「日本短詩集」('Petits poe'mes japonais)における「水」のイメージ――日本民謡とヴェルレーヌ叙情詩による二重の影響をめぐって―― (マブソン・ローラン)
  • 泉鏡花とバイロン――『草迷宮』への『カイン』の影響の可能性―― (菊池有希)
  • 島田謹二『華麗島文学志』における「外地文学論」の形成 (橋本恭子)
  • 初発期川端康成における「表現」理念
    ――べネット・クローチェの受容を視座に ―― (仁平政人)
  • 明治初期における西洋啓蒙思想の受容と言説編制
    ――「自由の権利」の概念を中心に ―― (納谷節夫)
  • 岩田豊雄とジュール・ルナアル
    ――『にんじん』から『胡椒息子』へ―― (中川克子)
  • ロシア文学における日本人表象
    ――ピークリ『オキヌさんの物語』を中心に―― (溝渕園子)
  • 依田学海が見た清国軍人・丁汝昌
    ――日清戦争と明治の知識人 ―― (福井智子)
  • A Postcolonial Dialogue: "Incomprehensible Nanyo" (Atsushi Nakajima) ――"Faceless Japan" (Albert Wendt) ―― (SUDO Naoto)
書評
  • 戦暁梅著『鉄斎の陽明学
    ――わしの画を見るなら、先ず賛を読んでくれ』 (平川祐弘)
  • 西原大輔著『谷崎潤一郎とオリエンタリズム
    ――大正日本の中国幻想』 (小宮彰)
  • 杉田英明著『葡萄樹の見える回廊
    ――中東・地中海文化と東西交渉』 (北原圭一)
  • 平川祐弘著『ラフカディオ・ハーン
    ――植民地化・キリスト教化・文明開化』(橋本順光)
  • ジャン=ジャック・オリガス著『物と眼 明治文学論集』 (柏木隆雄)
  • テレングト・アイトル著
    『三島文学の原型――始源・根茎隠喩・構造』 (柴田勝二)
  • 福田眞人著『結核という文化――病の比較文学史』(仙葉豊)
  • ジョージ・ヒューズ著『ハーンの轍の中で
    ――ラフカディオ・ハーン/外国人教師/英文学教育』 (鈴木禎宏)
  • 「パンテオン会雑誌」研究会編
    『百年のときを経て甦った日本人留学生の肉声』 (林洋子)
  • 大久保喬樹著『日本文化論の系譜』
    ――『武士道』から『「甘え」の構造まで』 (大東和重)
  • サン・キヨン・リー著(田中徳一訳)『日米演劇の出合い』 (武田勝彦)
  • 秋山正幸編著『知の新視界――脱領域的アプローチ』 (井上健)
  • 和田桂子ほか著
    『パリ 日本人の心象地図一九六七−一九四五』 (金子美都子)
  • 渡辺千枝子著『G・エリオットとドイツ文学・哲学』(杉田弘子)
  • 岡田充雄著『霊の復讐−
    マクベスと『悪霊』スタブローギンの悲劇』 (西野常夫)
  • 館野日出男著『ロマン派から現代へ−
    村上春樹、三島由紀夫、ドイツ・ロマン派』 (畠中美菜子)

『比較文学』46巻(2004年3月31日発行)
論文
  • 泉鏡花と近世絵画の意匠
    ――文様的想像力の形成と展開―― (三品理絵)
  • 「母性」への挑戦
    ――羅寰烽ニ平塚らいてうの言説から―― (金 華榮)
  • 十二世紀の都市描写
    ――『清明上河図』と『年中行事絵巻』の比較を中心に―― (永井久美子)
  • クルト・トゥホルスキーの「文化」批判
    ――独仏知識人の論争と交流の狭間で―― (児島由理)
  • 村岡花子「少女小説」翻訳の意味 (中山美穂子)
研究ノート
  • ポストモダン時代の比較文学
    ――イスタンブールからニューヨークへ――(ソーントン不破直子)
書評
  • 金原理著『詩歌の表現――平安朝韻文攷』 (古田島洋介)
  • 井桁貞義著『ドフトエフスキイ 言葉の生命』 (清水孝純)
  • 飛ヶ谷美穂子著『漱石の源泉――創造への階梯』 (河村民部)
  • 村山吉廣著『評伝・中島敦――家学からの視点』(西原大輔)
  • 榎本義子著『女の東と西――日英女性作家の比較研究――』 (武田美保子)
  • 今橋映子著『<パリ写真>の世紀』 (稲賀繁美)
  • 千葉一幹著『賢治を探せ』(小宮彰)
  • 中村健之介・中村悦子著『ニコライ堂の女性たち』 (沼野恭子)
  • 塚本利明著『漱石と英文学『漾虚集』の比較文学的研究』
    (改定増補版) (斉藤恵子)
  • George Hughes, Reading Novels (小沢自然)
  • 芳賀徹編『岩倉使節団の比較文化史的研究』 (中 直一)
  • 沼野恭子著『アヴァンギャルドな女たち ロシアの女性文化』 (草野慶子)
  • Haruo Shirane and Tomi Suzuki ed.,
    Inventing the Classics: Modernity, National Identity, and Japanese Literature (山田潤治)
  • 清水孝純著『笑いのユートピア――吾輩は猫であるの世界』 (剣持武彦)

『比較文学』45巻(2003年3月31日発行)
論文
  • <批評>の誕生
    ――明治中期における<批評><改良><社会>―― (木村直恵)
  • <自意識>の肖像
    ――田山花袋『蒲団』と郁達夫『沈淪』―― (大東和重)
  • 横光利一の文学形式としての「嘘」
    ――漱石とシクロフスキーの「形式」論と関連して―― (金 骭O)
  • 植民地の「現実」を規定する
    ――ロンドン文壇における1890年前後のキプリング受容―― (小沢自然)
  • 愚者文学としての「春の鳥」
    ――田榮澤「白痴か天才か」と国木田独歩「春の鳥」―― (丁 貴連)
  • 「クリストに対する彼の軽蔑」の解釈をめぐって
    ――芥川龍之介「続西方の人」におけるゲーテ像――(稲垣孝博)
  • 梅娘「手術を前に」考――石川達三『母系家族』との接点――(張 志晶)
  • 『太平記』と『三国志演義』における死の叙述法
    ――人物描写とのかかわりから――(田中尚子)
研究ノート
  • 上海時代(1942−45)の佐藤(田村)俊子と中国女性作家関露
    ――中国語女性雑誌『女聲』をめぐって――(呉 佩珍)
書評
  • 神田孝夫著『比較文学論考――鴎外・漢詩・西洋化――』 (劉 岸偉)
  • 鈴木貞美編『雑誌『太陽』と国民文化の形成』 (金子幸代)
  • 松村昌家編『谷崎潤一郎と世紀末』 (山口政幸)
  • 遠藤泰生・木村秀雄編『クレオールのかたち――カリブ地域文化研究――』
    (中村和恵)
  • 張競著『美女とは何か――日中美人の文化史――』 (佐伯順子)
  • 鈴木貞美著『梶井基次郎の世界』 (釣 馨)
  • ハルオ・シラネ著(衣笠正晃訳)『芭蕉の風景 文化の記憶』 (東 聖子)
  • 太田雄三著『喪失からの出発――神谷美恵子のこと――』 (大嶋 仁)
  • 柴田勝二著『三島由紀夫――魅せられる精神――』 (堀江珠喜)
  • Susan Fisher ed.
    Nostalgic Journeys: Literary Pilgrimages Between Japan and the West
    (山田潤治)
  • Masayuki Akiyama
    A Study of Narrative Techniques: Comparative Approaches to Works of Henry James and Selected Japanese Authors (松岡直美)
  • Mitsutaka Odagiri
    Ecritures palimpsestes ou les theatralisations Francaises du mythe d'OEdipe (野池恵子)
  • ラドヤード・キプリング著、H.コータッツィ、G.ウェッブ編(加納孝代訳)
    『キプリングの日本発見』 (大澤吉博)
  • 萩原孝雄著『近代日本文学の特質――子宮の(脱)形而上学をめぐって――』
     (菅原克也)

『比較文学』44巻(2002年3月31日発行)
論文
  • 「良書」としての意味
    ――E.T.シートン『動物記』と戦中日本―― (信岡朝子)
  • オスカー・ワイルドの『ヴェラ』
    ――イギリスと日本における作品受容と社会的背景 (小泉朝子)
  • 漫画化された文学テクスト
    ――岡本一平「坊ちゃん絵物語」(大正六年)と近藤浩一路『漫画 坊ちゃん』
    ―― (成 模慶)
  • E.T.A.ホフマン『ブランビラ王女』とE.A.ポオ『ウィリアム・ウィルソン』
    ――分身と祝祭の主題を巡る比較考察―― (亀井伸治)
  • 文化的境界者としてのコーダ
    ――「ろう文化」と「聴文化」の間―― (澁谷智子)
  • ロシア詩によるシェリング哲学の受容――愛智会からチュッチェフへ――
    (坂庭淳史)
  • ハーンの浦島伝説に対する認識
    ――ワシントン・アーヴィングの作品を基軸に――(里見繁美)
  • 小泉八雲の民話「雪女」と西川満の民話「蜆の女」の里帰り
    ――グローバリゼーションとクレオリゼーションのはざまから――(平川祐弘)
書評
  • 柳富子編著『ロシア文学の森――比較文化の総合研究――』 (阿部軍治)
  • 西村靖敬著『1920年代パリの文学――「中心」と「周縁」のダイナミズム――』 (和田桂子)
  • 岡田愛子著『魂と風景のイギリス小説』 (廣田 稔)
  • 河村民部著『漱石を比較文学的に読む』 (相原和邦)
  • 牛村圭著『「文明の裁き」をこえて――対日戦犯裁判読解の試み――』 (吉田和久)
  • 藤沢全著『Comparative Studies of Yasushi Inoue and Others』 (剣持武彦)
  • 伊藤秀雄・榊原貴教編著『黒岩涙香の研究と書誌』 (目野由希)
  • 李光縞編(尹相仁、渡辺直紀訳)『韓国の近現代文学』 (佐野正人)
  • 佐々木英昭注釈『漱石文学全注釈8 それから』 (平石典子)
  • 稲賀繁美編著 『異文化理解の倫理にむけて』 (小宮 彰)
  • 鈴木登美著(大内和子・雲和子訳)『語られた自己――日本近代の私小説言説――』 (林 正子)
  • 河竹登志夫著『歌舞伎』 (古井戸秀夫)

『比較文学』43巻(2001年3月31日発行)
論文
  • キリシタン書『天地始之事』第一節とキリシタン絵画『聖ミカエルの聖画』に於けるルシフェルのイマージュ (松藤英恵)
  • 中村敬宇と近代中国 (薄 培林)
  • ホセ・ファン・ダブラーダのハイカイ集『ある日……』における日本の俳句の影響 (太田靖子)
  • 中里恒子とキャサリン・マンスフィールド――「乗合馬車」、「日光室」を中心に―― (中川克子)
  • ソウル・ダダと高橋新吉 (波潟 剛)
  • 東亜未来論――チャールズ・ピアソンの黄禍論とラフカディオ・ハーンにおけるその変容――(橋本順光)
  • 袁犀『貝殻』と大東亜文学者大会次賞
    ――中薗英助「北京の貝殻」におけるその意味――(郭 偉)
  • Re-writing Colonial Discourses: "Paradise" and "Savage" in South Sea/ Nan'yo /Pacific Writings (須藤直人)
書誌
  • 日本におけるジョン・バニヤン書誌(補遺) (西村和子)
書評
  • 塚本利明著『漱石と英文学『漾虚集』の比較文学的研究』 (斉藤恵子)
  • 剣持武彦著『受容と変容・日本文学――ダンテからジッドまで』 (清水孝純)
  • 阿部兼也著『魯迅の仙台時代――魯迅の日本留学の研究』 (藤田梨那)
  • 持田季未子著『希望の倫理学――日本文化と暴力をめぐって』 (吉田和久)
  • 梅本順子著『浦島コンプレックス――ラフカディオ・ハーンの交友と文学』 (速川和男)
  • 小田桐弘子著『横光利一 ――比較文化的研究』 (十重田裕一)
  • 劉建輝著『魔都上海―日本知識人の「近代」体験』 (西槙 偉)
  • 瀧田佳子著『アメリカン・ライフへのまなざし――自然、女性、大衆文化』 (藤岡伸子)
  • 杉野要吉編著『交争する中国文学と日本文学』 (山田敬三)
  • 飯田武郎編著 The Reception of D.H.Lawrence Around the World. (森 春秀)
  • 山田俊治・十重田裕一・笹原宏之編『山田美妙『竪琴草紙』本文の研究』 (岩佐壮四郎)

『比較文学』42巻(2000年3月31日発行)
論文
  • 大岡昇平『武蔵野夫人』における間テクスト性の問題――「誓い」に織り込まれたスタンダール『パルムの僧院』――(野田康文)
  • 「表象」の相克――岩野泡鳴のエマソン受容――(水野達朗)
  • 金華智者寺における円月の文学交流 (孫 容成)
  • 芥川龍之介「きりしとほろ上人伝」と『西遊記』 (阮 毅)
  • 植民地の政治力学と<場>の表象――龍瑛宗「パパイヤのある街」――(李 郁薫)
  • 青木鷺水「檜の夫人に契」とラフカディオ・ハーン「衝立の乙女」 (森田直子)
研究ノート
  • 川上音二郎における韓国――『川上音二郎戦地見聞日記』と『新国王』 (李 応寿)
書評
  • 鈴木貞美著『日本の「文学」概念』 (衣笠正晃)
  • 今橋映子著『パリ・貧困と街路の詩学――1930年代の外国人芸術家たち』 (北村卓)
  • 和田博文・大橋毅彦・真鍋正宏・竹松良明・和田桂子著『言語都市・上海1840−1945』 (榎本泰子)
  • 鶴田欣也著『越境者が読んだ近代日本文学』 (大嶋 仁)
  • 関田かをる著『小泉八雲と早稲田大学』 (仙北谷晃一)
  • 栗田廣美著『亡命・有島武郎とアメリカ――<どこでもない所>への旅――』 (江頭太助)
  • 小堀桂一郎著『森鴎外 批評と研究』 (金子幸代)
  • 田中久子著『EパウンドとT・S・エリオット――技法と神秘主義』 (安川 c)
  • 成恵卿著『西洋の夢幻能』 (大久保直幹)
  • 張偉雄著『文人外交官の明治日本――中国初代駐日公使団の異文化体験』 (李征)
  • 田村道美著『野上弥生子と「世界名作大観」』 (藤尾健剛)
  • 清水義和著『ショー・シェークスピア・ワイルド移入史――逍遥と抱月の弟子たち―市川又彦・坪内士行・本間久雄の研究方法』 (岩佐壮四郎)
  • 筑波大学文化批評研究会編『植民地主義とアジアの表象』 (西原大輔)

『比較文学』41巻(1999年3月31日発行)
論文
  • 蒲原有明に於ける『海潮音』――日本近代象徴詩の成立―― (佐藤伸広)
  • 詩と絵画の交響――フランク・オハラとニューヨーク派の美術―― (金田由紀子)
  • 漱石とワーズワース――「琴のそら音」と"Strange Fits of Passion Have I known" をめぐって―― (佐藤裕子)
  • 澁澤龍彦とA・P・ド・マンディアルグ――「ダイヤモンド」から「犬狼都市(キュノポリス)」へ―― (跡上史郎)
  • 民衆の視点とアイルランド演劇――坪内逍遥による翻案劇『霊験』を中心に―― (小嶋千明)
  • 追いつめられる妻、囲い込まれる妻――泉鏡花「化銀杏」とバルザック「オノリーヌ」―― (三品理絵)
  • 賛が語る文人鐡斎――蘇東坡の世界―― (戦 暁梅)
研究ノート
  • 前田河廣一郎の在米中(1907−1920)の創作作品 (中田幸子)
書評
  • 中西進著『源氏物語と白楽天』 (金原 理)
  • 柳富子著『トルストイと日本』 (川端香男里)
  • 佐伯順子著『「色」と「愛」の比較文学史』 (田中優子)
  • 稲賀繁美著『絵画の黄昏――エドゥアール・マネ没後の闘争』 (フランソワ西村佐和子)
  • 岩佐壮四郎著『抱月のベル・エポック――明治文学者と新世紀ヨーロッパ』 (田中徳一)
  • 大久保喬樹著『森羅変容――近代日本文学と自然』 (大澤吉博)
  • Yokota-Murakami, Takayuki,『Don Juan East/West: On the Problematics of Comparative Literature』 (松岡直美)
  • 榎本泰子著『楽人の都・上海』 (劉 岸偉)
  • 千葉宣一著『モダニズムの比較文学的研究』 (坪井秀人)
  • 大島仁著『福澤諭吉のすゝめ』 (徳盛 誠)
  • 川鎭郎著『有島武郎とキリスト教ならびにその周辺』 (中村三春)
  • 秋山勇造著『埋もれた翻訳――近代文学の開拓者たち』 (井上 健)
  • 新田義之著『比較文学への誘い――東西文学16章』 (有村隆広)
  • Akiyama, Masayuki and Yui-nam Leung, eds., 『Crosscurrents in the Literature of Asia and the West: Essays in Honor of A. Owen Aldridge』 (ソーントン不破直子)
  • 明星大学日本文化学部編『普遍文明と民族文化』 (吉田和久)
  • 佐々木昭夫編『日本近代文学と西欧』 (柳 富子)
  • 奥村剋三・左近毅編『ロシア文化と近代日本』 (源 貴志)

『比較文学』40巻(1998年3月31日発行)
論文
  • 中国・日本における「文学」という翻訳語の成立――清末上海滞在のイギリス人宣教師エドキンスによる「希臘為西国文学の祖」の執筆をめぐって―― (李 征)
  • 堀辰雄『菜穂子』とアンドレ・ジッドの3部作 (西村靖敬)
  • 島崎藤村とツルゲーネフ――藤村が聞いた音、見た自然―― (籾内裕子)
  • 大手拓次『藍色の蟇』における動物――ボードレール『悪の華』との比較―― (西野常夫)
  • 中上健次の韓国体験と後期作品群のアジアへの展開 (中根隆行)
  • 国木田独歩と若き韓国近代文学者の群像――新たな独歩像へ向けて―― (丁貴連)
  • La Maison d'un Ariste: Edmond de Goncourt et l'art japonais(『芸術家の家』――エドモン・ド・ゴンクールと日本美術――) (小山ブリジット)
書評
  • 中村都史子著『日本のイプセン現象 1906‐1916年』 (今村忠純)
  • 山口博著『万葉集の誕生と大陸文化――シルクロードから大和へ』 (西原大輔)
  • 坪井秀人著『声の祝祭――日本の近代詩と戦争――』 (中村三春)
  • 竹内信夫著『空海入門――弘仁のモダニスト――』 (大嶋仁)
  • 榊敦子著『行為としての小説――ナラトロジーを越えて――』 (釣 馨)
  • 上垣外憲一著『ある明治人の朝鮮観――半井桃水と日朝関係――』 (佐藤慶子)
  • 西成彦著『森のゲリラ 宮沢賢治』 (中村和恵)
  • 赤瀬雅子著『比較文学・比較文化――フランス文学・フランス文化の影響――』 (富田仁)
  • 茂田真理子著『タルホ/未来派』 (平石典子)
  • The Journal of Pre-Raphaelite Studies: Japan and the Pre-Raphaerites (尹 相仁)
  • 吉村郁代著『R・H・ブライスの生涯――禅と俳句を愛して――』 (菅原克也)
  • 小玉晃一・鈴木保昭編『有島武郎と西洋』 (剣持武彦)

『比較文学』39巻(1997年3月31日発行)
論文
  • 近代「写生」の系譜――子規とフォンタネージの絵画論―― (松井貴子)
  • 『男は男だ』に見るブレヒトと歌舞伎の関係 (田中徳一)
  • 異貌の自画像――尾崎紅葉『侠黒児』とMaria Edgeworth "The Grateful Negro"―― (斎藤愛)
  • 豊子トの中国美術優位論と日本――民国期の西洋美術受容―― (西槇 偉)
  • ドイツ語訳『坊ちゃん』考――Der Tor aus Tokioを読む―― (徳永光展)
  • ハーンの長崎への旅 (里美繁美)
書評
  • 阿部良雄著『シャルル・ボードレール【現代性の成立】』(北村 卓)
  • 秋山勇造著『翻訳の地平――翻訳者としての明治の作家――』(井上英明)
  • 川村民部著『山頂に向かう想像力――西欧文学と日本文学の自然観――』(大久保喬樹)
  • 鈴木貞美著『梶井基次郎 表現する魂』(内藤 高)
  • 仙北谷晃一著『人生の教師ラフカディオ・ハーン』(河島弘美)
  • 福田眞人著『結核の文化史――近代日本における病のイメージ――』(鈴木貞美)
  • 水島裕雅著『青空――フランス象徴詩と日本の詩人たち――』(清水孝純)
  • 李孝徳著『表象空間の近代――明治「日本」のメディア編制――』(小谷野敦)
  • 中村健之介著『宣教師ニコライと明治日本』(井桁貞義)
  • 児玉実英著『アメリカのジャポニズム――美術・工芸を越えた日本志向――』 (金田由紀子)
  • 平川祐弘・鶴田欣也編『「暗夜行路」を読む――世界文学としての志賀直哉――』 (河村民部)
  • 松村昌家編『比較文学を学ぶ人のために』・佐々木英明編『異文化への視点――新しい比較文学のために――』(今橋映子)

『比較文学』38巻(1996年3月31日発行)
論文
  • 漱石の渡欧と表現 (相原和邦)
  • 夏目漱石「夢十夜」と中国<再生譚>――「第一夜」の逆説性―― (硲 香文)
  • 芥川龍之介『地獄変』と変相変文 (林 嵐)
  • 朔太郎とボードレール――アフォリズムから『氷島』へ―― (堀田敏幸)
  • 中国新文化運動の源流――李叔同の『音楽小雑誌』と明治日本―― (西槙 偉)
  • 『白樺』と造型美術:再考――セザンヌ”理解”を中心に―― (稲賀繁美)
  • 「辺界」から「大富源」へ――日露戦争前夜の満州ヴィジョン―― (大谷幸太郎)
研究ノート
  • マージョリ西脇と日本 (大久保美春)
書評
  • 島田謹二著『華麗島文学志――日本詩人の台湾体験――』(古田島洋介)
  • 杉田英明著『日本人の中東発見』(小倉 泰)
  • 佐藤清郎著『二葉亭四迷研究』(沢田和彦)
  • 松浦暢子著『水の妖精の系譜』(堀江珠喜)
  • 張競著『近代中国と「恋愛」の発見』(ヨコタ村上孝之)
  • 小谷野敦著『夏目漱石を江戸から読む――新しい女と古い男――』(中村三春)
  • 日本文体論学会編『俳句とハイク シンポジウム短詩型表現をめぐって――俳句を中心に――』(新井潤美)
  • 中西進編『南方神話と古代の日本』(古橋信孝)
  • 鶴田欣也著『日本文学における《他者》』(大貫 徹)
  • 平川祐弘編『世界の中のラフカディオ・ハーン』 (新井潤美)
  • 大澤吉博編『テクストの発見』 (稲垣直樹)
  • 中山眞彦著『物語構造論――『源氏物語』とそのフランス語訳について――』 (北村結花)
  • モダニズム研究会(代表・澤田明)著『モダニズム研究』(阿部良雄)
  • 島田謹二著『フランス派英文学研究』上下二巻 (山内久明)

『比較文学』37巻(1995年3月31日発行)
論文
  • 正則と変則――独逸学と英学の対比―― (中直一)
  • ブレヒトの『肝っ玉おっ母』に見る歌舞伎的要素――カトリンの太鼓とお舟、お七―― (田中徳一)
  • ピエール・ロチのエグゾチスム、あるいは「猿」をめぐるディスクール (大貫 徹)
  • ラフカディオ・ハーンの『ゴンボ・ゼーブス』 (村井文夫)
  • 『ビーチャムの生涯』と漱石――『草枕』の「西洋の本」―― (飛ヶ谷美穂子)
  • 魯迅と白村、漱石 (林 叢)
  • 梶井基次郎とシャルル・ボードレール――自己の二重化と文学的生産―― (釣 馨)
書評
  • 辰巳正明著『万葉集と中国文学』『万葉集と中国文学第二』(東 茂美)
  • 松沢弘陽著『近代日本の形成と西洋経験』(平川祐弘)
  • 尹相仁著『世紀末と漱石』(佐渡谷重信)
  • 清水孝純著『漱石 その反オイディプス的世界』(福島君子)
  • 上外外憲一著『「鎖国」の比較文明論』(小谷野敦)
  • 太田雄三著『ラフカディオ・ハーン』(村井文夫)
  • 川本皓嗣著『美女の図像学』(鶴田欣也)
  • 日本比較文学会編『滅びと異郷の比較文化』(大澤吉博)
  • B.M.ボダルト=ベイリー著(中直一訳)『ケンペルと徳川綱吉』(小宮 彰)
  • 亀井俊介編『近代日本の翻訳文化』(剣持武彦)
  • 小堀桂一郎編『東西の思想闘争』(大嶋 仁)
  • 川本皓嗣編『歌と詩の系譜』(上垣外憲一)
  • 木下豊房著『近代日本文学とドストエフスキー――夢と自意識のドラマ――』 (清水孝純)
  • 中村三春著『言葉の意志 有島武郎と芸術史的転回』『フィクションの機構』 (中川成美)
  • 清田文武著『鴎外文芸の研究』青年期編・中年期編 (金子幸代)

『比較文学』36巻(1994年3月31日発行)
論文
  • モーパッサン受容の一局面――田山花袋『布団』を読み直す―― (稲垣直樹)
  • 『夕鶴』と『オセロ』――侵犯する「周縁」としての女とドラマ―― (石塚倫子)
  • 悔恨と悲哀の手記――魯迅「傷逝」と森鴎外「舞姫」―― (杉野元子)
  • 一九三〇年・東京・上海・京城 (佐野正人)
  • 「宿命の女」幻想――『みをつくし』から『邪宗門』へ―― (平石典子)
  • 菊池寛の初期戯曲にみられる「狂人」の問題――グレゴリー『満月』との関――連 (早川正信)
  • la cruaute espagnole: agencement et fonctions du cliche dans Carmen de Merimee et Militona de Gautier(「スペイン的残酷さ」――メリメ『カルメン』とゴーチェ『ミリトーナ』における紋切り型イメージの配置と諸機能――) (坂田幸子)
研究ノート
  • ワーグナーの劇詩に現れたシェイクスピアの影響について――『トリスタンとイゾルデ』と『ロミオとジュリエット』――(山本淳子)
  • 漫画と文化――豊子トと竹久夢二をめぐって――(西槇 偉)
  • 村上春樹とレイモンド・カ―ヴァー――一九八〇年代における日本文学とアメリカ文学の合流――(松岡直美)
書評
  • 杉田英明著『事物の声 絵画の時――アラブ・ペルシア文学とイスラム美術――』(山中由里子)
  • 持田季未子著『絵画の思考』(西村佐和子)
  • 河原忠彦著『十八世紀の独仏文化交流の諸相』(笠原賢介)
  • 張競著『恋の中国文明史』 (西原大輔)
  • 平川祐弘・鶴田欣也編『漱石の「こころ」――どう読むか、どう読まれてきたか――』(塚本利明)
  • 平川祐弘・鶴田欣也編『日本文化の特質』(西 成彦)
  • 川本皓嗣著『日本詩歌の伝統――七と五の詩学――』(瀧田夏樹)
  • 山川篤著『花袋・フローベール・モーパッサン』(赤瀬雅子)
  • 松村昌家著『ヴィクトリア朝の文学と絵画』(松浦 暢)
  • Revue de Litterature Comparee 1991  (内藤 高)
  • 秋山正幸著『ヘンリー・ジェイムズの国際小説研究――異文化の遭遇と相克――』 (ソーントン不破直子)
  • 芳賀徹編『文明としての徳川日本(叢書 比較文学比較文化T)』(松村昌家)
  • 平川祐弘編『異文化に生きた人々(叢書 比較文学比較文化U)』(私市保彦)
  • 今橋映子著『異都憧憬 日本人のパリ』(杉田英明)

『比較文学』35巻(1993年3月31日発行・芥川小特集)
論文
  • 芥川龍之介における「パステル」――ポール・ブールジェをめぐって (倉智恒夫)
  • 芥川龍之介と『宿命の女』――「藪の中」の真砂像をめぐって――(今野喜和人)
  • 芥川龍之介の『金将軍』と朝鮮との関わり (崔 官)
  • 土井晩翠作『ミロのヱーナス』と西洋詩 (佐々木昭夫)
  • 『草枕』の底流――メレディスの詩句をめぐって―― (飛ヶ谷美穂子)
  • リルケの俳句世界 (柴田依子)
  • オーストラリア文学の中の日本人像――Hal Porter と Xavier Herber―― (中村和恵)
  • 明治日本人のペルシア体験――吉田正春使節団を中心に――(山中由里子)
  • 傳雷――『ジャン・クリストフ』と中国日本人――(榎本泰子)
  • Salvation by the Feminine Voice: Voice of Narrative Address and Reader Expectations from Chapter 1 of The Tale of Genji (救いの声――『源氏物語』第一帖「桐壺」における語りの機能――)(武田紀子)
研究ノート
  • 南国に憑かれた画家――田中一村とポール・ゴーギャンの美的世界――(湯原かの子)
  • ロシアにおける和歌の受容 (田村充正)
  • G・B・サンソム『西欧世界と日本(比較文学古典発掘5)』(平川祐弘)
書評
  • 佐々木茂美著『アーサー王伝説における聖域への舟と道――中世ヨーロッパと日本の比較研究――』(江藤 淳)
  • 厳安生著『日本留学精神史――近代中国知識人の軌跡――』(村山吉廣)
  • Mario J.Valdes, Daniel Javitch, A Owen Aldridge eds.:Comparative Literary History as Discourse; In Honor of Ann Balakian (ジョン・ドーシィ)
  • Chieko Irie Mulhern ed.:Heroic with Grace: Legendary Women of Japan (松岡直美)
  • 剣持武彦著『比較日本学の旅――あるフィレンツェ体験――』(仙北谷晃一)
  • 井上健著『作家の訳した世界の文学』 (前川 裕)
  • 牧野陽子著『ラフカディオ・ハーン――異文化体験の果てに――』(梅本〔萩原〕順子)
  • 平川祐弘編『小泉八雲 回想と研究』 (池田雅之)
  • 和田佳子著『二十世紀のイリュージョン『ユリシーズ』を求めて』(小田 基)
  • 堀江珠喜著『薔薇のサディズム――ワイルドと三島由紀夫――』 (山下真由美)

『比較文学』34巻(1992年3月31日発行・ICLA’91東京会議記念号・白秋小特集)
第十三回国際比較文学会東京会議
  • 開会の辞 (アール・マイナー)
  • Opening Address (河竹登志夫)
  • お言葉 (皇太子殿下)
    <ICLA’91東京会議を振り返って――報告>
  • 「ヴィジョン」の回想――国際比較文学会東京会議にいたる経緯 (芳賀 徹)
  • ICLA東京会議開催まで――事務局長として (加納孝代)
  • 運営委員会報告 (小玉晃一)
  • 国際比較文学会当協会議成功を支えた東京支部幹事の活躍 (冨田 仁)
  • 事務局・会計担当の立場から (佐藤宗子)
  • 「日韓の歌垣」を聴いて (西原大輔)
  • 特別プログラム「連詩を巻く」に参加して (菅原克也)
  • アンリ・ロペスの、アールラブ礼すのカリブ――第十三回国際比較文学会東京会議の二人の黒人作家――(中村和恵)
  • 記念プログラム「女性作家と語る」――現代の<平成ルネッサンス>の作家たち――(金田由紀子)
  • 比較文学研究誌――編集者のヴィジョン――(小玉実英)
  • ICLA’91関西会議(プレ・コングレス)報告 (坂上善政)
  • ICLA’91東京会議ポスト・コングレス(山形生涯学習センター「遊学館国際比較文学セミナー」)(大澤吉博)
  • 北原白秋「糸車」論 (剣持武彦)
  • 白秋のピエロ――世紀末アメリカのパリ案内小説の波及と詩的イマージュの形成――(今橋映子)
  • 『雀の生活』の禅的機縁――「臨済の三句」『十牛図』に即して――(横尾文子)
  • 『想ひ出』と<郷土芸術> (井上陽子)
  • 宮沢賢治とエマーソン (信時哲郎)
  • 竹内好と魯迅――翻訳「藤野先生」をめぐって――(林 叢)
研究ノート
  • 『アトランティック・マンスリー』に於けるフランス文学の紹介――W・D・ハウェルズ、ヘンリー・ジェイムズ、T.S.ペリー――(井戸桂子)
  • 『バルラ-ムとヨアーサフ』(比較文学の古典発掘4) (小堀桂一郎)
書評
  • 京都大学人文科学研究所共同研究・宇佐美斉編『フランス・ロマン主義と現代』 (私市保彦)
  • Earl Miner: Comparative Poetics--An Intercultural Essay on Theories of Literature』(持田季未子)
  • 河内清著『ゾラと日本自然主義文学』(松田 穣)
  • 朱捷著『神様と日本人のあいだ――「見立て」に見る民族の感覚――』(古田島洋介)
  • Kawatake Toshio, trans. P.G.O'Neill: Japan on Stage: Japanese Concepts of Beauty as Shown in the Traditional Theatre (John T. Dorsey)
  • 井村君江著『サロメの変容――翻訳・舞台――』(堀江珠喜)
  • シンポジウム論集『幻想空間の東西――フランス文学を通してみた泉鏡花――』(倉智恒夫)
  • Masayuki Akiyama: A Comparative Study of Henry James and Major Japanese Writers (佐藤孝己)
  • 劉岸偉著『東洋人の悲哀――周作人と日本――』(劉 香織)
  • 劉香織著『断髪――近代東アジアの文化衝突――』 (村山吉広)
  • 新井明・新倉俊一・丹羽隆子編『ギリシア神話と英米文化』(佐渡谷重信)
  • 赤瀬雅子・志保田務著『永井荷風の読書遍歴――書誌学的研究――』(菅原克也)
  • Comparative Lirterature Studies の「東西特集号」(二十八巻三号)の考察(秋山正幸)
日本比較文学会会員の研究分野ディレクトリー

『比較文学』33巻(1991年3月31日発行)
論文
  • 自然愛から人間愛へ――独歩におけるワーズワス的感性――(廣田稔)
  • 都市風景美学の一水脈――荷風の『日和下駄』とE・マーニュの『都市美論』――(竹原真)
  • 象形文字の精霊の崇高美――日夏耿之介のゴスィック・ローマン詩体――(田中雅史)
  • カフカ文学の受容――マルティン・ヴァルザーの初期の作品(有村隆広)
  • ラフカディオ・ハーンとレオナ・ケイロウセ (萩原順子)
  • 『ふたりのロッテ』改作について――日本の大人たちの戸惑い――(泉千穂子)
  • 注釈の意味――<言葉あそび>の詩をめぐって――(金原理)
<比較文学の古典発掘>V
  • エズラ・パウンドの『世界文学の読み方』――(児玉実英)
書評
  • 島田謹二著『ルイ・カザミヤンの英国研究』(手塚りり子)
  • 中西進/松村昌家編『日本文学と外国文学――入門比較文学――』(清水孝純)
  • 井上英明著『異文化時代の国語と国文化』(山下真由美)
  • 植栗彌著『有島武郎研究――『或る女』まで――』 (中村三春)
  • 小河織衣著『メール・マティルド――日本宣教とその生涯――』(富田 仁)
  • アール・マイナー著『東西比較文学研究』 (藤井 治彦)
  • Masterworks of the No Theater. by Kenneth Yasuda. Bloomington: Indiana University press. 1989. xv +585 pp.(Nicholas J.Teele)
  • 『プロテスタント人物史――近代日本の文化形成――』
  • Aesthetics and the Literature of Ideas: Essays in Honor of A. Owen Aldridge』(マーク・ジュエル)
  • Dolezelova-Velingerova, Milena ed. Poetics East and West, Monograph Series of the Toronto Semiotic Circle, No.4 (ジョン・ドーシィー)
  • 平川祐弘・鶴田欣也編『内なる壁――外国人の日本人像・日本人の外国人像』(大澤吉博)
  • Brigitte Koyama-Richard 《Tolstoi et le Japon》(Publications Orientales de France,1990)(川端香男里)
  • 富士川英郎『菅茶山』上下二巻(神田孝夫)

『比較文学』32巻(1990年3月31日発行・漱石小特集)
論文
  • 「偉大なる暗闇」の系譜――漱石とコンラッドの共鳴――(瀬藤芳房)
  • 『オセロウ』と『行人』の”出逢い”――女性の問題に即しての相互解釈――(小谷野敦)
  • 魯迅の『野草』における漱石の『夢十夜』の影響――「過客」と「第七夜」をめぐって――(林叢)
  • 有島武郎におけるイプセンの受容について――「ブランド」を中心にして――(内田真木)
  • アンドレ・マルロー作『西欧の誘惑』と日本 (清水真佐子)
  • 比較文学における主題研究 (ジョン・ドーシィ)
    研究ノート・資料
  • James Main Dixon 伝補遺(塚本利明 久泉伸世)
<比較文学の古典発掘>U
  • ジェームズ・レッグの”The Chinese Classics”(村上吉廣)
書評
  • 金泰俊著『虚学から実学へ―― 一八世紀朝鮮知識人洪大容の北京旅行(張 競)
  • 小倉脩三著『夏目漱石――ウィリアム・ジェームズ受容の周辺――』(三浦俊彦)
  • 久保忠夫著『萩原朔太郎論』上下(佐渡谷重信)
  • A・マリノ著(渡邊洋、佐藤伸宏訳)『戦う比較文学』 (松村昌家)
  • 塚本利明著『漱石と英国――留学体験と創作との間』(野中 涼)
  • ゴロソフケル著(木下豊房訳)『ドストエフスキーとカント』 (井桁貞義)
  • 佐渡谷重信著『ポーの冥界幻想』(井上健)
  • 芳賀徹・清水勲・酒井忠康・川本皓嗣編『ビゴー素描コレクション』全三巻
    山口静一・及川茂編『河鍋暁斎戯画集』
    清水勲編『ビゴー日本素描集』(佐伯順子)
  • 井田進也著『中江兆民のフランス』(小宮彰)
  • 勝浦吉雄著『続日本におけるマーク・トウェイン』(林幸子)
  • Comparative Literature Studies Vol. 26, No.3, 1989 East-West Issue(満谷マーガレット)
  • F・シュタンツェル著(前田彰一訳)『物語の構造』(佐々木寛)

『比較文学』31巻(1989年3月31日発行・創立40年記念号)
論文
  • 唐代小説と平安王朝物語における「縁」(古田島洋介)
  • 近世アジア比較文学の提案――『水滸伝』の近世的変容を例にして――(田中優子)
  • 『文学界』時代における藤村とシェイクスピア(佐藤佐武朗)
  • 森鴎外とリントナーの心理学(清田文武)
  • 女性解放と森鴎外――「さへづり」の背景と異議 (渡辺善雄)
  • 日本におけるバフチンの移入について
    (付)日本におけるバフチンの移入年譜 (佐々木寛)
研究ノート
  • 風雅のパラドクスと芭蕉――「枯野をかけめぐる」ものの考察(三浦俊彦)
  • 「漱石と象徴」――その歴史的及び思想的背景について(福島君子)
  • 志賀直哉の「クローディアスの日記」――父と子の問題を中心に(榊敦子)
<比較文学の古典発掘>T
  • 独自な比較詩学の創出――夏目漱石『文学論』(清水孝純)
書評
  • 剣持武彦著『肩の文化、腰の文化――比較文学・比較文化論』(滑川明彦)
  • 佐伯順子著『遊女の文化史』ハレの女たち(鈴木則郎)
  • 有村隆広・八木浩編『カフカと現代日本文学』(清水孝純)
  • 鈴木保昭著『比較文学への道』(佐藤孝己)
  • KODAMA Sanehide, ed., Ezra Pound & Japan: Letters & Essays(岩原康夫)
  • 森 一著『明治詩人と英文学――静かな哀しき調べ――』 (尾崎安)
  • 平川祐弘著『破られた友情――ハーンとチェンバレンの日本理解』(銭本健二)
  • 早川正信著『山本有三の世界 比較文学的研究』(清田文武)
  • 鶴田欣也著『川端康成論』(小田桐弘子)
  • マリオ・プラーツ著(倉智恒夫他訳)『肉体と死と悪魔』(松浦暢)
  • 弥永徒史子著『再生する樹木』(菅原克也)
  • 矢野峰人著『飛花落葉集――古今東西文苑散歩』(大塚幸男)
  • 徳田進著『中国古典と日本近代文学の交渉』(剣持武彦)
  • IIJIMA Takehisa and James M. Vardaman Jr. ed., The World of Natsume Soseki(小玉晃一)

『比較文学』30巻(1988年3月31日発行)
論文
  • 日本におけるジョージ・オーウェル受容の諸相(相良英明)
  • 乖離の様相―高村光太郎のパリ(今橋映子)
  • イギリスに渡った郡虎彦と謡曲(山下真由美)
  • 白秋の初期詩集におけるデカダン的特質(尹相仁)
  • 原爆文学における事実と虚構の相克 (松岡直美)
  • 二人の魔術師―ジョゼファン・ペラダンとW.B.イェイツ(相野毅)
  • きりしたん翻訳文学の文体―『ぎやどべかどる』の場合 (加納孝代)
研究ノート
  • ボルヘスの単価と中島敦の「山月記」?(諸坂成利)
書評
  • 私市保彦著『幻想物語の文法――<ギルガメシュ>から<ゲド戦記>へ』(鈴木満)
  • 大橋健三郎著『「頭」と「心」―日米の文学と近代』(諸坂成利)
  • 佐藤和夫著『俳句からHAIKUへ―英米における俳句の受容―』(児玉実英)
  • 高木大幹著『小泉八雲 その日本学』(速川和男)
  • ミハイル・バフチン著、桑野隆・佐々木寛訳『文芸学の形式的方法』(清水孝純)
  • 児玉晃一著『比較文学手帖』 (中野記偉)
  • 杉浦暢著『宿命の女――愛と美のイメジャリー』(甲元洋子)
  • 佐藤宗子著『「家なき子」の旅』(大島真木)
  • 岡三郎著『夏目漱石研究』第一巻および第二巻(塚本利明)
  • Douwe W. Fokkema, Literary History, Modernism, and Postmodernism(井上健)
  • ハルオ・シラネ著『源氏物語』の詩学(英文)(井上英明)

『比較文学』29巻(1987年3月31日発行)
論文
  • バートランド・ラッセルと中国・日本(三浦俊彦)
  • ジョージ・メレディスの日本観(早川正信)
  • 小泉八雲と拡張期の早稲田大学(関田かおる)
  • 鴎外とクライスト(伊藤嘉啓)
  • 三島由紀夫『班女』にみる能の再生 (川原真由美)
  • ホーソーンのイタリア時代 (斎藤幸子)
  • 俳句の影響を受けた詩人ジョージ・オッペン(廣瀬通典)
  • 『佳人之奇遇』にみるアフリカとの連帯(藤田緑)
  • フランスに於けるポオとドス・パソス(井戸桂子)
書評
  • 国文学研究資料館編『文学における向こう側』
    鶴田欣也著『日本近代文学における向こう側』(佐渡谷重信)
  • 芳賀徹著『与謝蕪村の小さな世界』における大きな世界(佐藤和夫)
  • 上垣外憲一著『天孫光臨の道』(菅原浩)
  • 富田仁編『異文化との出会い――日本人と欧米人の海外体験』(佐藤孝己)
  • 赤瀬雅子著『永井荷風――比較文学的研究』(私市保彦)
  • 平川祐弘著『西洋の詩東洋の詩』 (児玉実英)
  • The Princeton Companion to Classical Japanese Literature (マーク・ジュエル)

『比較文学』28巻(1986年3月31日発行)
シンポジウム
『幕末の日本と西洋』
論文
  • 若き森鴎外における「学問の自由」の認識の体験(清田文武)
  • 鴎外と漱石――乃木希典の巡視をめぐる二つの文学(西 成彦)
  • 岡倉天心の聖なる女性達(大久保 美春)
  • 生田長江と「ツアラトゥストラ」テキスト
       ――生田長江文庫のニーチェ文献を通じて――(佐野晴夫)
  • 東西融和の理想像
       ――河上徹太郎の『吉田松陰』――(清水孝純)
  • シェイクスピア『ジャじゃ馬馴らし』の変容
       ――イギリス王制復古期以降の改作群と日本の明治・大正期の翻訳・翻案の受容をめぐって――(佐々木昌子)
  • G・エリオット『ミドルマーチ』とゲーテ『ヴィルヘルム・マイスター』
       ――「思想と活動との優れた結合」を求めて――(渡辺千枝子)
  • 『夕鶴』民話から舞台まで
       ――『昔々フォーイフォイ』との対比において(李応寿)
  • L'Influence de la Pensee francaise sur
       IKI NO KOZO de KUKI Shuzo(Catherine Broderick)
書評
  • 佐藤輝夫『叙事詩と説話文学』(井上 英明)
  • Seidensticker: Low City, High City(磯田 光一)
  • 児玉実英:American Poetry and Japanese Culture(釜池 進)
  • 佐伯彰一『日米関係の中の文学』(佐藤 孝己)
  • 芳賀徹『絵画の領分』(剣持 武彦)
  • 平川祐弘『漱石の師マードック先生』(塚本 利明)
  • 剣持武彦『個性と影響――比較文学試論』(清水 孝純)
  • 宮永孝『異常な物語の系譜――フランスにおけるポー』(清藤 多加子)
  • 谷萩弘道『ホイットマンと東洋』(鈴木 保昭)
  • 小沢正夫訳編『フランスの日本古典研究』(富田 仁)
  • 勝浦吉雄『日本に於けるマーク・トゥエイン
       ――概説と文献目録――』(斉藤 幸子)
  • 富田仁編『海を越えた日本人名事典』 (小玉 晃一)

『比較文学』27巻(1985年3月31日発行)
論文
  • 『禁色』と『ドリアン・グレイの肖像』(堀江珠喜)
  • 非日常を描くための文学手法――ボードレールが
        E・T・A・ホフマンに見抜いたもの――(井戸 桂子)
  • 「真実一路」における少年・家庭像の形成    ――メレディス「フェヴェル」を視野にいれて(早川 正信)
  • 『袈裟と盛衰』試論――プロスペール・メリメ
       『二重の誤解』を視点として――(大場 恒明)
書誌
  • 日本におけるコウルリッジ書誌(桂田 利吉)
書評
  • 佐渡谷重信『漱石と世紀末芸術』(太田 昭子)
  • 早稲田大学比較文学研究室編『比較文学年誌』(遠田 勝)

『比較文学』26巻(1984年3月31日発行)
論文
  • 風雅論としての花札(Dr.Werner Schauman)
  • 伊藤整とルネサンス思想(沢井 繁男)
  • 岡倉天心『日本の目覚め』の英米における受容(ソーントン不破直子)
  • シンデレラ・ストーリーのルーツ論――土居光知氏の「シンデレラと鉢かつぎ」から(北垣 篤)

『比較文学』25巻(1983年3月31日発行)
シンポジウム
比較文学――過去・現在・未来
  • 佐伯 彰一
  • 小堀 桂一郎
  • 渡辺 守章
  • 川口 久雄
  • 江藤 淳
論文
  • 岡倉天心の『茶の本』と当時のアメリカ文壇(ソーントン不破直子)
  • 英米における能楽観(松山明生)
書評
  • 芦谷信和『国木田独歩――比較文学的研究』(山田 博光)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer uergleichende Literaturwissenschafr, Bd.XVI(1981), 3 Hofte(中野 康存)
  • 平川祐弘『中世の四季――ダンテとその周辺――』(剣持 武彦)

『比較文学』24巻(1981年12月25日発行)
論文
  • 漱石とメリディス(続) (竹友 藻風)
  • 若き森鴎外とゲーテ及びシラー――「自由と美との認識」の問題をめぐって――(清田 文武)
  • タゴールのナショナリズム批判――第一回来日(一九一六)をめぐって(大澤 吉博)
  • ワーズワス詩集と国木田独歩(山田 博光)
  • 「無事の人」論――「臨済録」からツワイクへの回帰(早川 正信)
研究ノート
  • 日本におけるニューマンの受容(二)(長倉 礼子)
資料
  • 日本におけるラフカディオ・ハーン資料年表(早川 和男)
書評
  • 佐藤清郎著『チェーホフ芸術の世界』(柳 富子)
  • 平川祐弘著『小泉八雲――西洋脱出の夢』(大塚 幸男)
  • 松村昌家著『明治文学とヴィクトリア時代』(久保 忠夫)
  • Nobuyuki YUASA: The ZenPoems of Ryokan(池谷 敏忠)
  • Dennis Keene: Yokomitsu Riichi-Modernist(小田桐 弘子)
  • 早稲田大学比較文学研究室編『比較文学年誌第十七号』(佐藤 清郎)
  • ARCADIA, Zeitschrift Fuer vergleichende Literaturwissenschaft, Bd.XV(1980), 3 Hefte(中野 康存)
  • 小堀桂一郎著『鴎外とその周辺』(阪上 善政)
  • 石井康一著『小説の比較文学的視点』(松村 昌家)
  • 芳賀徹著『平賀源内』(成田 龍雄)

『比較文学』23巻(1980年12月25日発行)
論文
  • 漱石とメリディス(続) (竹友 藻風)
  • 鴎外と重訳の問題(土谷 直人)
  • カミュ『異邦人』における殺人の思想――志賀直哉『范の犯罪』と対比して (大嶋仁)
  • 有島武郎「小さい夢」の〈模訳〉の意味について――「ある女のグリンプス」における田鶴子像形成との関連をめぐって(内田 真木)
  • ワンデマル・ボンゼルスと日本(要旨)(北垣 篤)
研究ノート
  • 日本におけるニューマンの受容(長倉 礼子)
資料
  • 日本におけるジョン・バニヤン書誌(西村 和子)
書評
  • 川口久雄著『花の宴−日本比較文学論集』(和田 繁二郎)
  • 河竹登志夫著『作者の家』(成田 龍雄)
  • 森亮著『小泉八雲の文学』(高木 大幹)
  • 小田桐弘子著『横光利一−比較文学的研究』(久保 忠夫)
  • 福田陸太郎著『文学と風土』(成田 龍雄)
  • ジェフリーマイヤーズ著・松岡和子訳『絵画と文学』(牧野 陽子)
  • Janet A Walker:The Japanese Novel of the Meiji Period and the Ideal of Individualism(大社 淑子)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer vergleichende Literaturwissenschaft, Bd.XIV(1979),3 Hefte(中野 康存)
  • "Slaves et Occidentaux, Rencontres" Revue de Litte'rature compare'e, avril-juin 1979 53e'me anne'e No2(長谷川 信)
  • 早稲田大学比較文学研究室編『比較文学年誌第十六号』(佐藤 清郎)

『比較文学』22巻(1979年12月25日発行)
中島健蔵先生を偲ぶ
  • 中島健蔵先生を偲ぶ (福田 陸太郎)
  • 中島先生・追悼 (松田 穣)
  • 思い出すことども (佐藤 文樹)
  • 日本におけるホメーロス学(生地 竹郎)
  • 森鴎外「最後の一句」の解釈(清田 文武)
  • フランスにおける日本学の歴史と現状(斎藤 広信)
  • ソビエトの日本学(柳富子)
  • 北米における日本学について(鶴田欣也)
  • サン=ジョン・ペルスの第一次大戦前の二度のイギリス滞在(要旨)(須田満)
研究ノート
  • コウリリッジにおけるシラーの影響(高山 信雄)
書評
  • 小堀桂一郎著『イソップ寓話−その伝承と変容−』(北垣 篤)
  • 升本匡彦著『横浜ゲーテ座−明治・大正の西洋劇場−』(中里 晴彦)
  • Sister Marie Philome'ne de los Reyes, SPC:The Biblical Themein Modern Drama(生地 竹郎)
  • 富田仁著『日本近代比較文学史』(佐藤 孝己)
  • 高柳俊一著『受容の軌跡』(剣持 武彦)
  • 松浦暢著『キーツ−その夢と現実』(加藤 紀子)
  • 富田仁著『横浜フランス物語』(大久保 敏彦)
  • 船岡末利編『ロチのニッポン日記−お菊さんとの奇妙な生活−』(富田 仁)
  • 東京大学比較文学会『比較文学研究』第三十四号(松田 譲)
  • 早稲田大学比較文学研究室『比較文学年誌』第十五号(松田 譲)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer vergleichende Literaturwissenschaft, Bd.XIII(1978),3 Hefte und Sonderheft(中野 康存)
  • Hugo Dyserink: Komparatistik Eine Einfuehrung,1977(Aachener Beitraege zur Komparatistik Bd.1)(中野 康存)

『比較文学』21巻(1978年12月25日発行)
論文
  • 山本有三とS.ツワイク−『永遠の兄の目』翻訳の意味 (早川 正信)
  • 漱石のポープ像 (鈴木 善三)
  • 日本におけるチェーホフ (佐藤 清郎)
  • 日系アメリカ文学について(要旨)(山根 和代)
研究ノート
  • ペンタメロンの受容について(北垣 篤)
資料
  • 日本におけるラフカディオ・ハーン資料年表(速川 和男)
  • 日本におけるプロスペル・メリメ書誌(江口 清・富田 仁)
書評
  • 千葉宣一著『現代文学の比較文学研究』(福田 陸太郎)
  • 吉田精一・福田陸太郎監修『比較文学研究』全五巻(石井 康一)
  • 松田穣編『比較文学辞典』(吉武 好孝)
  • 菅谷広美著『「修辞及華文」の研究』(富田 仁)
  • 戸田義雄・永藤武編『日本人と賛美歌』(剣持 武彦)
  • 速川和男著『小泉八雲の世界』(佐藤 孝己)
  • 劔持武彦著『「間」の日本文化』(小宮山 博)
  • 逸見久美著『わが父翁久允−その青少年時代と渡米』(大社 淑子)
  • 私市保彦著『ネモ船長と青ひげ』(冨田 仁)
  • 大島正著『スペイン文学への誘い』(剣持 武彦)
  • Y.MUKOYAMA, BROWNING STUDY IN JAPAN: A HISTORICAL SURVEY, WITH A COMPREHENSIVE BIBLIOGRAPHY(中野 記偉)
  • 東京大学比較文学会『比較文学研究』第三十三号(松田 譲)
  • 早稲田大学比較文学研究室『比較文学年誌』第十四号(松田 譲)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer Vergleichende Literaturwissenshaft.Bd.XII(1977)(中野 康存)

『比較文学』20巻(1977年12月25日発行)
論文
  • 漱石の正義−英語文学化したプラトニズムに関連して (中野 記偉)
  • 「倫敦塔」の背景 (塚本 利明)
  • 中島敦「盈虚」と「牛人」の世界 (西谷 博之)
  • 『ガリバー旅行記』と日本の旅行者たち(要旨)(モーリス・ジョンソン、北垣宗治、フィリップ・ウィリアムズ)
研究ノート
  • 夏目漱石とジョウゼフ・コンラッド(相良 英明)
  • Nursery Rhymes と日本における受容(森 一)
資料
  • 日本におけるマーク・トウェイン−文献目録(補遺)−(勝浦 吉雄)
書評
  • 大塚幸男著『比較文学原論』(剣持 武彦)
  • 笹淵友一著『永井荷風「堕落」の美学者』(武田 勝彦)
  • 福田英男著『ゲーテの叙情詩−研究』(阪上 善政)
  • 亀井俊介著『内村鑑三−明治精神の道標』(生地 竹郎)
  • 佐渡谷重信著『日本近代文学の成立 上』(大塚 幸男)
  • 富田仁著『アルフォンス・ドーデと近代文学』(大西 忠雄)
  • 鈴木保明著『白樺派の文学とホイットマン』(吉武 好孝)
  • 難波利夫編著『日本におけるロバート・バーンズ書誌』(田鍋 幸信)
  • 日本比較文学会編『ジャンル別比較文学論』(成田 龍雄)
  • ヴァイスシュタイン著 松村昌家訳『比較文学と文学理論』(大塚 幸男)
  • 早稲田大学比較文学研究室『比較文学年誌』第一三号(松田 穣)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer Vergleichende Literaturwissenshaft.Bd.XI(1976)(中野 康存)

『比較文学』19巻(1976年12月20日発行)
論文
  • 日本に於けるボードレール (矢野 峰人)
  • 蘆花と『アラビアン・ナイト』「 (関根 謙司)
  • 森鴎外におけるイプセン (清田 文武)
  • 山本有三の翻訳劇『盲目の弟について』−シュニッツラー受容の一面 (早川正信)
  • シャーウッド・アンダスンの受容と尾崎士郎(一九二一年−一九三五年) (小林 祐二)
  • 「蜻蛉集」の問題点(要旨) (畠中敏郎)
研究ノート
  • ドライデンと坪内逍遥 (佐藤 勇夫)
  • ペリー監督の琉球訪問について (外間 政章)
書評
  • 木村毅著『比較文学新視界』(安田 保雄・石田 幸太郎)
  • 村岡勇編『漱石資料−文学論ノート』(太田 三郎)
  • 江藤 淳著『漱石とアーサー王傳説−「薤路行」の比較文学的研究』(生地 竹郎)
  • 星野慎一著『ゲーテと鴎外』(福田 英男)
  • 『欧米作家と日本近代文学・5』(英米篇U)(速川 和男)
  • 利沢行夫編『国境を越えた文学・5』(松田 穣)
  • ブリタニカ編『英語事始』(冨田 仁)
  • 『比較文学の理論』(『口座比較文学』第八巻)(福田 陸太郎)
  • 東大比較文学会『比較文学研究』第二十九号(一九七六)(剣持 武彦)
  • 早稲田大学比較文学研究室編『比較文学年誌』第十二号(一九七六)(大社 淑子)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer Vergleichende Literaturwissenshaft,Bd,X Heft 2,3(1975)(中野 康存)

『比較文学』18巻(1975年10月31日発行)
論文
  • 翻案を通して見た尾崎紅葉−『デカメロン』の翻案を中心に− (斎藤 広信)
  • 坪内逍遥とユーモア論 (松村 昌家)
  • ミルトンと日本(要旨) (生地 竹郎)
研究ノート
  • 横光利一「春は馬車にのって」−その重層構造の意味−(小田桐 弘子)
資料
  • 日本におけるラフカディオ・ハーン資料年表−主として昭和四八年八月以降−(速川和男)
  • 日本におけるクリスティナ・ロセッティの書誌(福田 陸太郎)
書評
  • 吉田精一著『近代文芸評論史 明治編』(和田 繁二郎)
  • 平川祐弘著『西欧の衝撃と日本』(佐渡谷 重信)
  • 堀岡弥寿子著『岡倉天心−アジア文化宣揚の先駆者−』(井田 好治)
  • 剣持武彦著『近代の小説−比較文学の視点と方法−』(太田 三郎)
  • 富田仁著『仏蘭西学のあけぼの』(大久保 敏彦)
  • 鈴木和子著『ハイネ−比較文学的探求』(中野 康存)
  • 鈴木重貞著『ドイツ語の伝来−日本独逸学史研究−』(鈴木 和子)
  • 東大比較文学会『比較文学研究』第二十七号(一九七五)(剣持 武彦)
  • 早稲田大学比較文学研究室編『比較文学年誌』第十一号(一九七五)(大社 淑子)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer Vergleichende Literaturwissenshaft(中野 康存)
  • 野谷士・玉木意志太牢著『漱石のシェイクスピア』(熊坂 敦子)
  • 吉武好孝著『近代文学の中の西欧』(村松 定孝)

『比較文学』17巻(1974年10月31日発行)
論文
  • 馬場狐蝶とアルフォンス・ドーデ (富田 仁)
  • 木下順二氏のドラマトゥルギー論−『三角帽子』における木下脚色と
       スペイン・ロマンセとの差異− (田尻 陽一)
  • 明治六年の翻案劇二つ (吉武 好孝)
  • リーダーを通じて受容した一九世紀アメリカ作家(要旨) (佐藤 孝巳)
研究ノート
  • 鴎外とアナトール・フランス−「ル・パルナス・アンビュラン」と
       「ペンギンの島」を中心に− (後藤 玖美子)
資料
  • マックス・シュティルナー文献目録 (佐々木 靖章)
  • 日本におけるテネシー・ウィリアムズの文献書誌 (石田 章)
書評
  • 青木巌著『イギリスの詩−西洋古典詩との比較論』(生地 竹郎)
  • 川口久雄著『西域の虎−平安朝比較文学論集』(丸山 キヨ子)
  • 佐渡谷重信著『アメリカ精神と近代日本−森有礼から三島由紀夫まで−』(大社 淑子)
  • 田鍋幸信編著『日本におけるスティーブンスン書誌』(佐藤 孝己)
  • 安田保雄著『比較文学論考 続編』(後藤 玖美子)
  • 『日本比較文化研究論集』T、U巻(小玉 晃一)
  • 『比較文学研究』(東大比較文学会)第二十五号(一九七四)(松田 穣)
  • 早稲田大学比較文学研究室編『比較文学年誌』第十号(一九七四)(剣持 武彦)
  • Expressionism as an International Literary Phenomenon(福田 陸太郎)
  • Ulrich Weisstein, Comprative Literature and Literary Theory(松村 昌家)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer Vergleichende Literaturwissenshaft(中野 康存)
  • Dr.Muhammad Ghunaymi Hilal: al-Adab al-Muqarin(関根 謙司)
  • Tamkang Review, Vol.IV, No.2(1973)/Vol.V,No.1(1974)(小田 基)

『比較文学』16巻(1973年10月31日発行)
論文
  • 日本比較文学会創立二十五周年を記念して (中島 健蔵)
  • 宮崎湖処子とアメリカ文学 (佐渡谷 重信)
  • 山本有三におけるストリンドベリィ受容の一考察
       −『生命の冠』にみられる<あきらめ>を中心に− (早川 正信)
  • 鴎外とクラウゼヰッツ『戦論』
       −「局面眼」(Coup d'oeil)の問題をめぐって− (清田 文武)
  • 『三角帽子』をめぐる三つのドラマ
       −木下順二とカソーナ− (田尻 陽一)
  • ナサニエル・ホーソーンとジュリアン・グリーン (渡辺 洋)
  • 『灰燼』にみる近代的虚無の様相
       −スタヴローギンと節蔵− (清水 孝純)
  • 岡本かの子と外国文学(要旨) (大社 淑子)
  • 『大鴉』の日本詩への翻案
       −萩原朔太郎とE・A・ポー−(月村 麗子)
資料
  • 日本におけるラフカディオ・ハーン資料年表 (速川 和男)
書評
  • Tamkang Review, Vol.III, No.2(松村 昌家)
  • 最近の比較文学の傾向−書評的紹介(冨田 仁)
  • 亀井俊介編『現代比較文学の展望』(大塚 幸男)
  • 『比較文学年誌』第九号(有永 弘人)
  • 土居光知著『神話・伝説の研究』(太田 三郎)
  • Rivista di letterature moderne e comparate 1972, Vol.25 Fascicoli 1-4(引地 正俊)
  • 「フランス比較文学評論』誌−一九七二年度(島本 晴雄)
  • 板垣直子著『夏目漱石・伝説と文学』(剣持 武彦)

『比較文学』15巻(1972年10月31日発行)
論文
  • 夏目漱石におけるG・ギッシング体験
       −『門』に関連して− (中野 記偉)
  • アーサー・ウェイリー最晩年の源氏物語観 (井上 英明)
  • 漱石文庫所蔵Tolstoy: What is Art? にみられる
       −漱石の書き入れについて− (高橋 美智子)
  • ホイットマンとエリオット
       −一つの伝統の二つの面−(要旨) (フィリップ・ウィリアムズ)
研究ノート
  • 高安月郊について (富田 仁)
  • 「則天去私」についての私見 (杉山 和雄)
資料
  • ヨネ・ノグチ文献(二) (富田 仁)
  • 「則天去私」について 日本編その一・外国編 (渥美 育子)
書評
  • Revue de Litte'rature Compare'e Tome XLV no1〜no4(冨田 仁)
  • 矢本貞幹著『夏目漱石』(塚本 利明)
  • 昭和女子大学近代文学研究室『近代文学研究叢書』第三十五巻(佐藤 孝己)
  • Comparative Literature Vol.xxiii, Nos. 1-4(松村 昌家)
  • 『比較文学年誌』第八号 一九七二年 早稲田大学比較文学研究室(村岡 勇)
  • Yearbook of Comparative and General Literature No. 20 1971(小玉 実英)
  • 平川祐弘著『和魂洋才の系譜』(剣持 武彦)
  • 大塚幸男著『比較文学』(石田 幸太郎)
  • Rivista di Letterature moderne e comparate 1971, Vol.24, Faschicoli 1〜4(引地 正俊)
  • 東北比較文学会『比較文学研究』第19号(松田 穣)
  • TAMKANG REVIEW Vol.II, No.2 & Vol.III,
       No.1 October 1971-April 1972(小田 基)
  • ARCADIA, Zeitschrift fuer vergleichende Literaturwissenschaft, Bd.VI(1971)(中野 康存)

『比較文学』14巻(1971年10月31日発行)
論文
  • 『神曲』地獄篇と漱石文学 (剣持 武彦)
  • 鴎外とマキアヴェリ−「人生策」の成立をめぐって (清田 文武)
  • 芥川龍之介の歴史小説の方法(上)
       −「運」の成立を中心として− (菊田 茂男)
  • 日本民族芸能の滑稽な人物(要旨) (ギュンター・ツォーベル)
研究ノート
  • 村上英俊『三語便覧』成立の一過程 (田中 貞夫)
  • オニール劇の日本に於ける翻案 (広瀬 通典)
  • 岡本かの子と『真夏の夜の夢』 (大社 淑子)
資料
  • 日本に於けるコゥルリッジ文献 (桂田 利吉)
書評
  • 吉田精一編「日本近代文学の比較文学的研究」(冨田 仁)
  • Revue de Litte'rature Compare'e Tome XLIV. 1970 No.1〜No.4』(冨田 仁)
  • 『比較文学研究』第十八巻(東大比較文学会、昭和四六年)(松田 穣)
  • 桂田利吉著『コゥルリッジ研究』(児玉 実英)
  • TAMKANG REVIEW Vol.1 No.2 Oct.1970(太田 三郎)
  • JAPANESE AND WESTERN LITERATURE, Armando Martins Janeira(太田 三郎)
  • W・Lシュワルツ著北原道彦訳『近代フランス文学にあらわれた日本と中国』(大島 正)
  • Rene' Wellek: Discriminations-Further Concepts of Critisms(田鍋 幸信)
  • 早稲田大学比較文学研究室『比較文学年誌』第六号・第七号(菊田 茂男)

『比較文学』13巻(1970年10月31日発行)
論文
  • 『同志社文学』について (岡本 昌夫)
  • 畔柳芥舟と比較文学 (富田 仁)
  • 『蜘蛛の糸』の原典とその著者について (安田 保雄)
  • モリエールの翻案家としての紅葉 (斉藤 広信)
  • S・T・コウルリッジとシュレーゲル兄弟 (和泉 敬子)
  • サリンジャーの作品における東洋の役割(要旨) (フランシス・マシー)
研究ノート
  • 中村真一郎と英文学 (長沢 隆子)
書評
  • 松下忠『江戸時代の詩風詩論−明・清の詩論とその摂取−』(剣持 武彦)
  • Revista di Letterature moderne e comparateSansoni-Firenze 1969(剣持 武彦)
  • 安田保雄著『比較文学論考』(剣持 武彦)
  • Revue de Litte'rature Compare'e 1969(冨田 仁)
  • 日本児童文学学会編アンデルセン研究(鈴木 二三雄)
  • 熊代荘歩著『エズラ・パウンドとT・S・エリオット』(児玉 実英)
  • Tamkang Review Vol.1. No.1 April,1970(太田 三郎)
  • 亀井俊介著『近代文学におけるホイットマンの運命』(鍋島 能弘)
  • 『東洋の詩 西洋の詩』(剣持 武彦)
  • 小堀桂一郎著『若き日の森鴎外』(成瀬 正勝)
  • ARCADIA, Zeitshrift fuer vergleichende Literaturwissenshaft, Bd.V,Heft.1(1970)(中野 康存)
  • 『比較文学研究』(東大比較文学会)−第一七号−(松田 穣)
  • 佐藤輝夫著『ヨーロッパ文学の史的展望』(小玉 晃一)

『比較文学』12巻(1969年10月31日発行)
論文
  • ジュディト・ティエと西園寺公望 (畠中 敏郎)
  • 『文学評論』の諸問題―スヰフト論及び「序言」を中心に― (塚本 利明)
  • 鴎外とシュニッツレル―戯曲「仮面」を中心として (清田 文武)
  • 山村募鳥と外国文学(要旨) (久保田 忠夫)
研究ノート
  • 大正期のアンドレ・ジッド紹介(大場 恒明)
資料
  • 野口米次郎文献 日本篇 その一(渥美 育子)
書評
  • 佐渡谷重信『日本におけるウォルト・ホイットマン』(谷萩 弘道)
  • 『講座 日本文学』(重松 泰雄)
  • Gian N.G.Orsini:Coleridge and German Idealism.
       A Study in the History of Philosophy
    (岡 三郎)
  • Index to Japanologists(安藤 美登里)
  • Literature: East & West Vol.XI No.4(太田 三郎)
  • Francis A. Johns(ed.):A Bibliography of Arthur Wale(福田 陸太郎)
  • ARCADIA,Zeitschrift fuer vergleichende Literaturewissenschafts
    Bd. III, Heft 3 (1968)(中野 康存)
  • Ulrich Weisstein: Einfuerhrung in die Vergleichende Literaturesissenschafts(中野 康存)
  • Comparative Literature, Vol.XX No.1(渥美 育子)

『比較文学』11巻(1968年10月20日発行)
論文
  • 白雲郷と色相世界―夏目漱石の漢詩論― (渡部 昇一)
  • アーサー・ウェイリーと日本文学 (川口 久雄)
  • 坪内逍遥とディケンズ―写実と滑稽に関連して (松村 昌家)
  • 日本における初期のハイネ (鈴木 和子)
  • 明治中期のフランス文学―「智徳会雑誌」の場合―(富田 仁)
  • エマソンと北村透谷 (福田 光治)
研究ノート
  • 日本におけるホーソーン文献(佐藤 孝巳)
  • 日本におけるゲエテ文献(九)(天野 敬太郎)
資料
  • 野口米次郎文献 日本篇 その一(渥美 育子)
書評
  • 河竹登志夫著『比較演劇学』 (浅田寛厚)
  • 波多野完治・島田謹二監修『世界の児童文学』 (福田 陸太郎)
  • 松尾靖秋著『国文学紀行』 (剣持武彦)
  • 小西・トルストイ訳『老子』 (福田陸太郎)
  • Stuart Miller:The Picaresque Novel (太田 三郎)
  • Conscience et Inpuisance chez Dostoievski et Camus (渡辺 洋)
  • Yearbook of Comparative and General Literature: No.16,1967 (太田 三郎)
  • Comparative Literature, Vol.XVIII, No.4-Vol.XIX,No.4 (鍋島 能弘)
  • Revue de Litte'rature compare'e (No.161-164) (富田 仁)
  • Literature East & West Vol.X Nos.3,4 Vol.XI Nos.1,2  (児玉 実英)
  • 海老池俊治著『明治文学と英文学』 (川崎 宏)

『比較文学』10巻(1967年10月20日発行)
論文
  • 荷風の「女優ナナ」 (綾部 友治郎)
  • ハーンのバラッド講義―比較文学より観たる― (原 一郎)
  • 日本の古典劇とジル・ヴィセンテ劇(続) (アルマンド・マルチンス)
  • 外国文学の模倣―ウィリアム・ブルーマーの日本詩― (ルシラ・V・ホシロス)
資料
  • 日本におけるアンドレ・ジッド文献(二) (大場 恒明)
  • 日本におけるゲエテ文献(八) (天野 敬太郎)
  • 日本におけるイスパニア文学文献(追補) (辻井 真衛)
書評
  • 高橋邦太郎著「『蜻蛉集』考」 (富田 仁)
  • 蓮池正紀著『夏目漱石論』 (太田 三郎)
  • Istva'n So"te'r: Aspects et paralle'lismes de la litte'rature hongroise
       (富田 仁)
  • 「比較・一般文学年鑑」(第十五巻 一九六六年) (平田 邦夫)
  • Comparative Literature, XVIII,1966 (村岡 勇)
  • The East-West Review (松村 昌家)
  • 同志社大学人文科学研究所編集『人文科学』第一巻第一号  (佐々木 靖章)
  • 『日本ペンクラブ三十年史』  (太田 三郎)
  • 徳田 進著『近代文学の新研究』 (徳田 進)
  • Zeami,Basho,Yeats,Pound:A Study in Japanese and English Poetics
       by Makoto Ueda (児玉 実英)
  • Yeats and the Noh: Types of Japanese Beauty and
        Their Reflection in Yeats' Plays
    by Hiro Ishibashi (末次 良子)
  • Actes du IVe Congre's de I'Association Internationale de Lite'rature Compare'e (福田 陸太郎)
  • 吉武好孝著「翻訳事始」 (児玉 晃一)
  • 早稲田大学比較文学研究室「比較文学年誌」第四号(一九六七)
       (剣持 武彦)
『比較文学』9巻(1966年10月20日発行)
論文
  • 小林秀雄のヴァレリー援用―「『悪の華』一面」について― (清水 孝純)
  • 「早稲田大学」(第一次)とフランス文学 (富田 仁)
  • ディケンズとロイター―比較文学的考察 (渡辺 格司)
  • ジル・ヴィセンテと能 (アルマンド・マルチンス)
資料
  • 日本におけるアンドレ・ジッド文献(一) (大場 恒明)
  • 日本におけるゲエテ文献(七) (天野 敬太郎)
書評
  • 土居光知著『無意識の世界―創造と批評』 (太田 三郎)
  • 神田喜一郎著『日本における中国文学―日本嗔詞史話(上)』 (水原 渭江)
  • 柳田泉著『明治初期の文学思想』上・下 (赤瀬 雅子)
  • 同志社大学人文科学研究所編『熊本バンド研究』 (岡田 幸一)
  • 大島正著『ドン・保安の原型の研究』 (大西 忠雄)
  • 大塚幸男著『比較文学』 (田鍋 幸信)
  • 山田昭夫著『有島武郎』  (児玉 晃一)
  • ポール・ヴァン・チーゲム著・小林正訳『近代ヨーロッパ・アフリカ文学史』
       (松田 穣)
  • G.B.サンソム著 金井圓・多田実・芳賀徹・平川祐弘訳『西欧世界と日本』
       (福田 光治)
  • Litte'rature hongroise, Litte'rature europe'enne (富田 仁)
  • Van Wyck Brooks: Fenollosa and His Circle with Other Essays in Biography
       (福田 陸太郎)

『比較文学』8巻(1965年12月1日発行)
論文
  • 坪内逍遥と比較文学 (斉藤 一寛)
  • 唐代小説「杜子春伝」と芥川の童話「杜子春」の発想の相違点 (村松 定孝)
  • 英訳された俳句の問題点 (鶴田 欣也)
  • 日本とハンガリーを結ぶ三人の文化施設 (イストヴァーン・メゼル)
書評
  • 小島憲之著『上代日本文学と中国文学(下)』 (小西 甚一)
  • 丸山キヨ子著『源氏物語と白氏文集』 (久保 忠夫)
  • 徳田進著『日本近代史の研究』 (太田 三郎)
  • 国木田独歩全集 第六・七巻「欺かざるの記」前・後篇 (小玉 晃一)
  • 山本正秀著『近代文体発生の史的研究』 (太田 三郎)
  • ジョルジュ・ドウメルソン著『ドン・ホアン・メレンデス・バルデスとその時代
       (一七五四−一八一七)』 (大島 正)
  • 早稲田大学比較文学研究室『比較文学年誌』第1号  (菊田 茂男)
  • Literature: East and West Vol.IX,No.1 (松村 昌家)
  • JADAVAPUR JOURNAL OF COMPARATIVE LITERATURE Vol.4
       (太田 三郎)
  • CONNAISSANCE DE I'ETRANGER-Me'langes offerts a ' la me'moire de Jean-Marie Carre'-
       (福田 陸太郎)
  • レオン・エデル編『文学史と文学批評』 (大沢 実)

『比較文学』7巻(1964年11月28日発行)
論文
  • エスマンの「ブラーマ」試論 (福田 光治)
  • 二つの資料 (佐藤 文樹)
  • 透谷の意義 (フランシス・マシー)
  • 比較文学 (ルネ・エチアンブル)
書評
  • 土居光知著『文学の伝統と交流』 (太田 三郎)
  • 小島憲之著『上代日本文学と中国文学』 (小西 甚一)
  • 山内義雄・矢野峰人編『上田敏全訳詩集』(岩波文庫) (森 亮)
  • エチヤンブル著『比較は非理―比較文学の危機―』 (綾部 友治郎)
  • THE EAST-WEST REVIEW (秋山 健)

『比較文学』6巻(1963年11月10日発行)
論文
  • 有島武郎―アメリカ時代(英文) (小玉 晃一)
  • 小林秀雄とドフトエフスキー (清水 孝純)
  • 中島広足訳「やよひの歌」について (石本 岩根)
研究ノート
  • 日本におけるホーソンの浸透―語学教育による媒介― (佐藤 孝己)
  • 『両世界評論』誌とジャン=ジャック・アンペール (冨田 仁)
  • 中原中也とランボオ (鈴木 みどり)
  • 薛偉(せつい)と太宰治 (大塚 繁樹)
書評
  • 『比較・一般文学年鑑』第十一巻(1962年度版) (小玉 晃一)
  • 『ルソーと比較研究』 (島本 晴雄)
  • 『東西の文学』第七巻第一号 (太田 三郎)
  • 『ポルトガル文』の新版と作者の問題 (福井 芳男)
  • ドナルド・キーン著吉田健一訳『日本の文学』 (剣持 武彦)
  • 大阪女子大学蔵『日本映画区資料解題』 (重久 篤太郎)
  • 山本文之助著『トマス・ハーディ文学論考』(上) (太田 三郎)
  • 笠井清著『西鶴と外国文学』「日本の文学」 (神田 秀夫)
  • 杉山和雄著『夏目漱石の研究』―国民精神の交流としての比較文学 (大西 忠雄)
  • 『上野直蔵博士還暦記念論文集』 (石田 幸太郎)

『比較文学』5巻(1962年10月1日発行)
  久野真吉先生を悼む(伏見 俊則) 論文
  • 正宗白鳥「ダンテについて」の成り立ちと白鳥文学に於ける「ダンテ」の意義 (剣持 武彦)
  • 鴎外訳「蛙」について (畠中 敏郎)
  • Essaysと Essais―象徴としての旅の思想と表現 (須藤 芳房)
  • ペイタァの「浪漫主義」と、その先行文学としてのフランス浪漫派の文学 (武田 勝彦)
研究ノート
  • ブレヒトと能―”イエスマン・ノーマン”と”谷行”― (近藤 公一)
  • 古事記・万葉集と愛蘭 (三橋 敦子)
書評
  • 笹淵友一著『文学界』とその時代(下) (矢野 峰人)
  • 河内清編『自然主義文学―各国における展開』(勁草書房版) (松田 穣)
  • 「比較文学、方法と展望」 (島本 晴雄)
  • 「比較、一般文学年鑑」第十号一九六一年度版 (武田 勝彦)
  • 「ドイツ文学・比較文学の論」 (平井 正)

『比較文学』4巻(1961年9月20日発行)
論文
  • スティーブンスンと日本 (田鍋 幸信)
  • 泣菫に及ぼしたキイツの影響―「賦」をめぐる問題について― (松浦 暢)
  • 明治翻訳史の一断面―大和田建樹を中心として― (岡本 昌夫)
  • 仮名草子に及ぼした「列女伝」の影響 (笠井 清)
  • ゲーテと中国文学 (福田 英男)
研究ノート
  • 芥川龍之介の『侏儒の言葉』とラ・ロシュフコオの『マキシム』 (吉川 浩)
書評
  • カール・プチ編『(仏訳)日本詩歌論』 (松本 守)
  • 『日本におけるリルケ』 (土肥 美夫)

『比較文学』3巻(1960年9月20日発行)
論文
  • 中国文学の日本における受け入れられ方 (吉川 幸次郎)
  • 奈良・平安初頭文学と渤海文学との交流 (小島 憲之)
  • 蒲原有明の「姫が曲」・小泉八雲の
    "The Fountain Maiden"と源泉との関係 (久保 和子)
  • ラスキンとプルースト―ライブラリー版「ラスキン全集」と
    「失われし時を求めて」 (大場 恒明)
  • 伽婢子と金鰲新話―竜宮物語の独自性に関して― (玄 昌厦)
  • 「金雲翹」考 (畠中 敏郎)
研究ノート
  • 永井荷風とブラスコ・イパニエス (大島 正)
  • ウィリアム・ジェームズの漱石への影響 (杉山 和雄)
書評
  • 『第二回国際比較文学会大会議事録―米国ノースカロライナ大学発行』 (大西 忠雄)
  • "Asia and the Humanities" "Comparative Literature Committee,
        Indiana University.1959 pp232(太田 三郎)
  • R.エスカルピ著『文学史の歴史』 (大塚 幸男)
  • E.マイナー著『西洋文学の日本発見』 (飯倉 亀太郎)
  • 矢野峰人編著『蒲原有明研究』(増訂版) (石田 幸太郎)
  • 笹淵友一著『文学界とその時代』(上) (古川 久)
  • 川口久雄著『平安朝日本漢文学史の研究 上』 (神田 秀夫)
  • 国立国会図書館編『明治・大正・昭和 翻訳文学目録』 (林 憲一郎)
  • 吉武好孝著『明治・大正の翻訳史』・太田三郎著『翻訳文学』 (中島 健蔵)
  • 松浦暢著『美しきものは常久に―泣菫とキイツの比較文学論』 (太田 三郎)

『比較文学』2巻(1959年9月1日発行)
論文
  • 漱石とイタリア文学 (野上 素一)
  • 美妙「いちご姫」の疑問 (島本 康雄・田中 知子)
  • 明治初期の西洋詩論をめぐって (衣笠 梅二郎)
  • 茶神物語と茶経―江戸文学と中国文学との関係― (堺 光一)
  • ディドロとケンペル―百科全書の《日本人の哲学》について (山本 有幸)
研究ノート
  • フェノロサの遺灰と日本 (重久 篤太郎)
書評
  • 矢野峰人著『文学史の研究』 (上野 直蔵)
  • 安田保雄「上田敏研究」 (中島 健蔵)
  • 独訳「雪国」 (土肥 美夫)
  • R.エスカルピ著『文学の社会学』 (大西 忠雄)
  • 「近代フランス文学における極東の創造的解釈」 (林 憲一郎)
  • 「ペルーにおけるドイツの作家たち」 (太田 三郎)

『比較文学』1巻(1958年4月1日発行)
論文
  • 影響の測定 (中島 健蔵)
  • 邦文英文学史の回顧 (矢野 峰人)
  • 朔太郎とドストエフスキイ (久保 忠夫)
  • 紅葉作「隣の女」の系図 (島本 晴雄)
  • 明治初年バイロン詩の漢訳 (衣笠 梅二郎)
  • 芥川龍之介とEl conde Lucanor(大島 正)
  • ラディゲと堀辰雄 (江口 清)
研究ノート
  • フランス人の歌舞伎観 (畠中 敏郎)
書評
  • 笹淵友一著「浪漫主義文学の誕生」 (太田 三郎)
  • 近代詩を外国に紹介する三つの詞華集 (太田 三郎)
  • 山本文之助著「日本におけるトマス・ハーディ書誌」 (太田 三郎)
  • ライナー・ヴーテノー著「悪の華の百年」 (吉田 仙太郎)
  • 「能の西欧語訳」 (矢本 貞幹)
  • アルゼンチン版「羅生門」 (大島 正)
  • Alceste Bisi, L'Italie et le Romantisme francais,
    Societa editrice Dante Alighieri citta di castello,1955,278p (阿部 史郎)
  • Giulio Marzot, Battaglie veristiche dell
    Ottocento, Casa editrice Giuseppe
    Principato, Milano, 371p (阿部 史郎)
  • 一女性の生涯 (大野 幸子)