■ 東京支部

東京支部事務局
〒152−8552 東京都目黒区大岡山2−12−1‐W3−29
東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 戦暁梅研究室内
TEL/FAX:03−5734−2666
E-mail:sen.g.aa@m.titech.ac.jp

東京支部の支部ホームページを開設致しました。アドレスは以下の通りです。
http://www.hikakutokyo.com/

<ニューズレターの電子配信登録について>
 東京支部では、上記支部独自のホームページ開設に伴い、ニューズレターの
電子配信登録をホームページ上でお願いすることとなります。ご希望の方は、
上記のアドレスにアクセスして、登録してください。

東京支部役員
支部長 ソーントン不破直子
事務局長 戦 暁梅
幹事 新井 潤美 加藤 隆 亀井 伸治
木内 徹 椎名 正博 高柳 聡子
冨岡 悦子 橋本 雅子 平石 典子
増田 裕美子 森本 真一 前島 志保
宗形 賢二 山田 潤治
事務局会計 近藤 圭一
会計監査 梅本 順子 齋藤 幸子

運営委員会
運営委員長 有光 隆司
運営委員 内山 加奈枝 金田 由紀子 劉 岸偉
冨岡 悦子 前島 志保 牧野 陽子
増田 裕美子 源 貴志 山田 潤治

編集委員会
編集委員長 西村 靖敬
編集委員 佐々木 悠介 高柳 聡子 永井 久美子
信岡 朝子 堀江 秀史

大会準備委員会(2014年度大会後より2015年度大会まで)
大会準備委員長 増田 裕美子
大会準備委員 近藤 圭一(会計) 戦 暁梅(事務局長) ソーントン不破直子(支部長)
畑中 千晶 福島 君子 堀 啓子
大会準備委員会(2015年度大会後より2016年度大会まで)
大会準備委員長 堀 啓子
大会準備委員 笠原賢介(会場校) 近藤 圭一(会計) 戦 暁梅(事務局長)
ソーントン不破直子(支部長) 畑中 千晶 畑中 健二
大会準備委員会(2016年度大会後より2017年度大会まで)
大会準備委員長 畑中 千晶
大会準備委員 内山 加奈枝(会場校) エリス 俊子 笠原 賢介
近藤 圭一(会計) 戦 暁梅(事務局長) ソーントン不破直子(支部長)
畑中 健二

企画委員会
企画委員長 井上 健
企画委員 加藤 隆 私市 保彦 田中 徳一
沼野 恭子

倫理綱領委員会
倫理綱領委員長 斉藤 恵子
倫理綱領委員 古田島 洋介 平石 典子

事務局委員
市川 しのぶ 大澤 絢子 近藤 圭一(会計) 鈴木 美穂
田村 斉敏 土田 久美子 芳賀 理彦 畑中 健二
福島 君子 蒔田 裕美

これからの例会・大会は下記の通りです。
第55回東京支部大会について

次回の第55回日本比較文学会東京支部大会は、
2017年10月15日に日本女子大学
目白キャンパスを会場として開催の予定です。
研究発表を希望される方は、氏名、住所、連絡先(電子メールアドレス)、
所属、及び、発表題目、400〜600字程度の発表要旨をメール添付で 5月27日(土)必着で事務局までお知らせ下さい(郵送も可) 発表時間は25分、質疑応答が10分です。 なお、申し込み受付の返信をお送りしますので、ご確認下さい。

2017年4月の例会は下記の通り開催されます。
日時 4月15日(土)14時より
場所 日本女子大学目白キャンパス 百年館低層棟1階 104号室
<特別講演> 講師 芳賀 徹(東京大学名誉教授)
 徳川から明治へ
  ―岩倉使節団研究になお残る問題点―
 司会 佐藤 宗子(千葉大学)

2017年5月の例会は下記の通り開催されました。          
日時 5月20日(土)14時より
場所 清泉女子大学2号館225教室
@講師 邵丹(東京大学・院)
 新文体の創出
 ―藤本和子によるリチャード・ブローディガンの
 『アメリカの鱒釣り』をめぐって―
 司会 井上 健(日本大学)
A講師 熊木 淳(尚美学園大学非常勤)
 英語圏およびフランス語圏における
 音声詩を隔てるもの
 司会 椎名 正博(日本大学)

2017年7月の例会は下記の通り開催されます。
日時 7月15日(土)14時より
場所 清泉女子大学2号館225教室
特別企画 《学術論文・学術書の出版に向けて》
 司会 ソーントン不破直子(日本女子大学名誉教授)
講師 西村 靖敬(千葉大学)
講師 三浦衛(春風社代表)

2017年9月の例会は下記の通り開催されます。     
日時 9月16日(土)14時より
場所 日本大学文理学部3号館3204教室
@講師 花角 聡美(日本女子大学)
 ジョン・ラスキンの労働観
  ―『フォルス・クラヴィゲラ』を中心に―
 司会 佐藤 光(東京大学)
A講師 寒河江光徳(創価大学)
 ダイアナ主題の小説について
 ── ウラジーミル・ナボコフの「ロリータ」と
  牧野信一 ──
 司会 高柳 聡子(早稲田大学非常勤)

これまでの例会・大会は下記の通りでした。
2017年3月の例会は下記の通り開催されました。     
日時 3月18日(土)14時より
場所 日本女子大学目白キャンパス 百年館低層棟1階 104号室
@講師 佐々木寛(信州大学名誉教授)
 横光利一『機械』をバフチンの小説言語論で読む
A講師 上倉あゆ子(東海大学)
 絵本が描く危機を乗り越える子供たち
 ── ピヤ・リンデンバウム作品に見る子供観 ──
 司会 有光隆司(清泉女子大学) ※@Aともに

2017年1月の例会は下記の通り開催されました。     
日時 1月21日(土)14時より
場所 二松学舎大学 3号館 3021教室
@講師 平井 裕香(東京大学・院)
 川端康成「たんぽぽ」の文体
      ── 身体とその欠落と絡めて ──
 司会 井上 健(日本大学)
A講師 森本 真一(昭和女子大学)
 芥川とワイルドとキリスト
 司会 斉藤 恵子(大妻女子大学名誉教授)

2016年12月の例会は下記の通り開催されました。    
日時 12月17日(土)14時より
場所 二松学舎大学 3号館 3021教室
小シンポジウム 《上田敏 ── その晩年、
  『うづまき』から『牧羊神』まで ──》
 司会・講師 小林茂(早稲田大学名誉教授) 
 講師 岩佐壯四郎(関東学院大学)
 講師 衣笠正晃(法政大学)

2016年11月の例会は下記の通り開催されました。    
日時 11月19日(土)14時より
場所 日本大学文理学部 3号館 3304教室
@講師 松枝 佳奈(東京大学・院) 
 内田魯庵のロシア革命観と社会批評
 ── 随筆「労農政府の承認問題」(1923年)
 を中心に ──
 司会 沼野恭子(東京外国語大学)
A講師 南明日香(相模女子大学)
 初期浮世絵研究の言説をめぐって
 司会 佐々木悠介(東京大学非常勤)

<第54 回東京大会>
第54回東京大会は以下の通り開催されました。                
場所 法政大学 市ヶ谷キャンパス 外堀校舎
日時 2016年10月16日(日)
総合司会 笠原 賢介(法政大学)
畑中千晶(敬愛大学)
開会式 (5階 S505教室)12:30
開会の辞 ソーントン不破直子(東京支部長・日本女子大名誉教授)
会場校ご挨拶 奥田 和夫(法政大学文学部長)
研究発表A室A室(5階 S503教室)12:45〜14:00
     1 司会  藤田 直哉(二松学舎大学非常勤)
 ルシア・オルネド(フェリス女学院大学・院)
他者性への通路としての変身へ
 ―安部公房の「S・カルマ氏の犯罪」と
 ―フリオ・コルタサルの「遠い女」――
     2 司会 仙葉 豊(関東学院大学)
 塚本利明(専修大学名誉教授)
『吾輩は猫である』とW.ジェイムズ
研究発表B室(6階 S601教室)
     1 司会  藤元直樹(明治翻訳文学研究者)
 谷地 彩(上智大学 院)
『輿地誌略』における世界観
     2 司会 畑中 千晶(敬愛大学)
 松田美作子(成城大学)
江戸期におけるエンブレムの受容 
 ――動物寓話とSinnebeld――
研究発表C室(6階 S602教室)
     1 司会 川口 恵子 (慶應義塾大学非常勤)
 ラージ・ラキ・セン(筑波大学博士特別研究員) 
インド映画における日本/日本人像 
 ――The Japanese Wifeを中心に――
     2 司会  陳 力衛(成城大学)
 清地 ゆき子(筑波大学博士特別研究員)
中国語訳『俄国情史 斯密士瑪利傳』について
 ――「情史」から「自由結婚」へ――
講演 (5階 S505教室)(14:10〜14:55)
天災と共存する江戸の時代の人々
 田中優子(法政大学総長)
シンポジウム (5階 S505教室)(14:55〜17:15)
宮沢賢治と現代
 ――東日本大震災後の視座から――
司会・講師 私市保彦 武蔵大学(名誉教授)
  講師 千葉一幹(大東文化大学)
  講師 赤坂憲雄(学習院大学)
総会 17:15〜 (5階 S505教室)
議長 平石典子(筑波大学)
閉会の辞  17:45 井上 健(日本大学 )
懇親会 18:15 メゾン・セルバンテス
 千代田区六番町2-9 セルバンテスビル7F
司会 森本真一(昭和女子大学)
司会 蒔田裕美(法政大学非常勤)

2016年9月の例会は下記の通り開催されました。
日時 9月17日(土)14時より
場所 清泉女子大学2号館 225教室
@講師 齋藤 慶子(日本女子大学)
 大正・昭和初期の小学校女性教員の位置づけ
 ― 海外の女性教員事情からの影響を中心に ―
A講師 宗形 賢二(日本大学)
 『チート』と早川雪洲のスター性再考
 司会 中地幸(都留文科大学)※@Aとも

2016年7月の例会は下記の通り開催されました。    
日時 7月16日(土)14時より
場所 清泉女子大学2号館 225教室
@講師 深見 麻(日本女子大学非常勤)
 オリンタリズムとソフトパワー論の間で
  ― 戦前期日本の対米啓発活動の諸相 ―
 司会 宗形 賢二(日本大学)
特別講演 中島 国彦(早稲田大学)
 「悲劇的」という言葉の意味するもの
  ― 堀辰雄の音楽体験を出発点として ―
 司会 小林茂(早稲田大名誉教授)

2016年5月の例会は下記の通り開催されました。    
日時 5月21日(土)14時より
場所 早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)39号館6F 第7会議室
@講師 田村 隆(東京大学)
 真名・仮名と『源氏物語』
 司会 小田切 文洋(日本大学)
A講師 銭 国紅(大妻女子大学)
 「信と心」の発見と東アジアの近代
  ― 文化と信仰との狭間において ―
 司会 劉岸偉(東京工業大)

2016年4月の例会は下記の通り開催されました。    
日時 4月16日(土)14時より
場所 鶴見大学1号館4F 404教室
@講師 庄子 ひとみ(日本女子大非常勤)
 都市と群衆― アーサー・シモンズの描いた
  ヴイクトリア朝世紀末のロンドン ―
 司会 田村 斉敏(東京工業大学)
特別講演 講師 木々 康子(作家)
 春画と印象派
 司会 南明日香(相模女子大学)

2016年3月の例会は下記の通り開催されました。
日時 3月19日(土)14時より
場所 成城大学3号館1階311教室
@講師 武・アーサー・ソーントン(横浜国立大学)
 労働モデルとしての芸術家のエートス
  ―映画Francis Haをめぐって―
 司会 芳賀 理彦 氏(敬愛大学)
A講師 関口 裕昭(明治大学)
 古井由吉とドイツ文学
 司会 西岡 あかね 氏(東京外国語大学)

2016年1月の例会は下記の通り開催されました。
日時 1月23日(土)14時より
場所 成城大学3号館1階311教室
 【特集】 西洋に於ける伝統演劇翻案
@講師 大塚 奈奈絵(国立国会図書館)
 アメリカにおける歌舞伎『寺子屋』の伝承者達
  ―Samuel Atkins Eliot,Jr.を中心に―
A講師 春谷 美帆(全日本空輸)
 外国人女性記者ゾーイ・キンケイド(Zoe Kinkaid)
  による歌舞伎紹介
 司会(@A共)田中 徳一 氏(日本大学)

2015年12月の例会は下記の通り開催されました。
日時 12月19日(土)14時より
場所 東工大大岡山キャンパス西9号館2階コラボレーションルーム
【特別企画 映画監督 篠田 正浩氏講演】
研究発表 堀江 秀史氏
 「1960年代日本の「クロス・ジャンル」
  ―篠田正浩と寺山修司を中心に―
特別講演 篠田 正浩氏
 映画と文学の対話
 総合司会 井上 健 氏(東京支部企画委員長)
 企画・進行 実行準備委員会(堀江秀史=代表、
  佐々木悠介、信岡朝子)
 協力 表現社(石黒美和)

2015年11月の例会は下記の通り開催されました。
日時 11月21日(土)14時より
場所 東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1
@講師 羽鳥 杏子(東京大学・院)
 『銀河鉄道の夜』における「教育者」の諸相
 司会 私市 保彦 氏(武蔵大名誉教授)
A講師 李 ソク(東京大学・院)
 芥川龍之介の歴史小説とイェイツの口承文芸論
 司会 市川 裕見子 氏(宇都宮大学)

<第53 回東京大会>
第53回東京大会は以下の通り開催されます。            
場所 東京工業大学大岡山キャンパス西9号館
日時 2015年10月17日(土)12時50分〜
総合司会 戦 暁梅(東京工業大学)
堀 啓子(東海大学)
開会の辞 ソーントン不破直子(東京支部長・日本女子大名誉教授)
会場校ご挨拶 山崎 太郎(東京工業大外国語研究教育センター長)
研究発表A室(西9号館W933教室)13:05-14:50
     1 司会  木内 徹(日本大学)
西田 桐子(東京大学・院)
占領の落とし子から黒い日本人へ
 ―文学と映画からみる1950年代黒人混血児表象試論
     2 司会 羽田 美也子(日本大学非常勤)
中地 幸(都留文科大学)
八島太郎のグラフィック・ノベルにおける
 トラウマ経験の再構築
     3 司会  花形 寿行(静岡大学)
小泉 泉(フェリス女学院大学)
孤独の様相― 目取真俊「水滴」とガブリエル・ガルシア=マルケス『百年の孤独』の背景と手法―   
研究発表B室(西9号館W932教室)
     1 司会  高柳 聡子 (早稲田大学非常勤)
ピーテル・ヴァン・ロメル (筑波大・院)
ドイツ併合下のポーランドにおける教育の表象と日露戦争下の日本
  ―翻訳小説「小百合」が生み出した新たな批判―
     2 司会  小林 茂(早稲田大学・名誉)
太田 直樹(東京大学・院)
岩野泡鳴『恋のしやりかうべ』の手法
 ―ホイットマン理解を手掛かりに―
     3 司会  小林 茂(早稲田大学・名誉)
水野 太朗(東京大学・院)
日夏耿之介と西条八十
 ―『仮面』における交流の様相―
研究発表C室(西9号館W934教室)
     1 司会  藤田 直哉(二松学舎大学非常勤)
辛 重官(東京大学・院)
安倍公房の1950年代の変容と連続性について
  ―「壁‐S・カルマ氏の犯罪」を中心に―
     2 司会  芳賀 理彦(敬愛大学)
内山 加奈枝(日本女子大学)
村上春樹とポール・オースター「父」なき世界
  ―孤児が「生きのびていく道」―
     3 司会  椎名 正博(日本大学)
田中 琢三(お茶ノ水女子大学)
戦前の日本におけるモーリス・パレスの受容について
シンポジウム 15:00-17:30(西9号館ディジタル多目的ホール)
芸術とその批評言説―比較研究の視座から
司会・パネリスト 今橋 映子(東京大学 )
パネリスト 藤原 貞朗(茨城大学)
パネリスト 佐々木 悠介 (東京大学非常勤)
総会 17:30(西9号館ディジタル多目的ホール)
議長 高柳 聡子(早稲田大学非常勤 )
閉会の辞  17:55 井上 健(日本大学 )
懇親会 18:00(ロイヤルブルー精養軒大岡山店)
司会 畑中 健二 (東京工業大学)
司会 鈴木 美穂(玉川大学)

2015年9月の例会は下記の通り開催されました。
日時 9月19日(土)14時より
場所 二松学舎大学 3号館 3021教室
@講師 森 覚 氏(大正大学)
 日本の絵本における釈迦とイエスの混合
  ―『佛ヘ聖典 おしやかさま』と
  ―『講談社の絵本 イエスさま』
 司会 信岡 朝子氏(東洋大学)
A講師 千葉 一幹 氏(大東文化大学)
 宮沢賢治と農業
  ―イメージとしての農業、農業のリアリティ
 司会 私市 保彦 氏(武蔵大学)

2015年7月の例会は下記の通り開催されました。
日時 7 月16日(土)14時より
場所 二松学舎大学 3号館 3021教室
@講師 亀井 伸治 氏(中央大学)
 過激な盗賊たち
  ―イグナーツ・フェルディナント・アルノルトの盗賊小説      
A講師 福島 昇 氏(日本大学)
 虚構と事実
  ―シェイクスピア『ヘンリー8世』と
  ―フィリッパ・グレゴリー『ブーリン家の姉妹』
 司会 田中 徳一 氏(日本大学)※両発表とも

2015年5月の例会は下記の通り開催されました。
日時 5 月16 日(土)午後2時より
場所 大正大学巣鴨キャンパス 10 号館4 階1041 教室
@講師 田中 有美 氏(日本女子大学)
 グロテスク・キホーティズム      
  ―ジョン・ケネディ・トゥールの
  『愚か者連合』を読む―
 司会 森本 真一 氏(昭和女子大学)
A講師 藤澤 全 氏(日本大学)
 芹沢光治良のイタリア物語『黒』の悲運      
  ― ファシズムの恐怖と闘うパリジェンヌの姿 ―
 司会 杉淵 洋一 氏(愛知淑徳大学)

2015年4月の例会は下記の通り開催されました。
日時 4月18日(土)午後2時より
場所 大正大学巣鴨キャンパス10 号館4 階1041 教室
@講師 東郷 登志子 氏(目白大学非常勤)
 『茶書』と『ユリシーズ』をつなぐ『オセロー』  
  ―ジョイスに継承された、岡倉の
  シェイクスピア的比喩と『詩学』の技法―
 司会 ソーントン不破直子氏(日本女子大名誉教授)
A講師 井戸 桂子 氏(駒沢女子大学)
 日光東照宮の金色        
  ―明治期の外国人訪問者が見たもの―
 司会 小林 茂 氏(早稲田大学名誉教授)

2015年3月の例会は下記の通り開催されました。
日時 3 月14 日(土)午後2時より
場所 日本女子大学目白キャンパス 百年館低層棟1 階104 教室
 【特別講演】 講師  川本 皓嗣 氏(東京大学名誉教授)
 再説・切字の詩学
司会 永井 久美子 氏(東京大学)

2015年1月の例会は下記の通り開催されました。
日時 1月 24日(土)午後 2時より
場所 日本女子大学目白キャンパス 新泉山館1 階大会議室
@講師  蒔田 裕美 氏(法政大学非常勤)
 バレエ・リュスが英国にもたらしたもの
  ―ケインズの果たした役割を中心に―
 司会 門野 泉 氏(清泉女子大学名誉教授)
A講師 中丸 禎子 氏(東京理科大学)
 絵を描くムーミンママ―トーベ・ヤンソン『パパと海』と
  ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』における女性の自己表現―
 司会 佐藤 宗子 氏(千葉大学)

2014年12月の例会は下記の通り開催されました。
日時 12月 20日(土)午後 2時より
場所 清泉女子大学 1号館4階 140教室
@講師  須田 満 氏(翁久允財団代表理事)
 翁久允研究の方向性について
  ―そのコスモポリタニズムと複合アイデンティティーをめぐって―
 司会 藤澤 全 氏(日本大学)
A講師 冨岡 悦子 氏(鶴見大学)
 佐藤春夫におけるドイツ文学の受容
 司会 有光 隆司 氏(清泉女子大学)

2014年11月の例会は下記の通り開催されます。
日時 11月 15日(土)午後 2時より
場所 東京大学 駒場キャンパス 18号館 4階 コラボレーションルーム3
@講師  永井 久美子 氏(東京大学)
 文学史と美術史の交差
   ―昭和初期の文化財保護行政と『源氏物語』―
 司会 戦 暁梅 氏(東京工業大学)
A講師 仙葉 豊 氏(関東学院大学)
 三千代の神経衰弱と S. Weir Mitchellの休息療法
 司会 佐藤 裕子 氏(フェリス女学院大学)

第52回東京大会は以下の通り開催されました。                
場所 二松學舎大学九段キャンパス3号館
日時 2014年10月11日(土)12時50分〜
総合司会 増田裕美子(二松學舎大学)
沼野 恭子(東京外国語大学)
幹事会 議長 近藤 圭一(聖徳大学)
開会の辞 井上 健(東京支部長・日本大学)
会場校ご挨拶 渡辺 和則(二松學舎大学学長)
研究発表A室(3号館3051)13:05-14:50
     1 司会  福島 君子
大山 英樹(青山学院大・院)
夏目漱石『野分』の「カルチュア」
 ―大正期「教養」/「文化」概念成立への形成過程―
     2 司会 戦 暁梅(東京工業大学)
範 麗雅(読売日本テレビ文化センター非常勤)
極東への旅 ―1929年の
 ローレンス・ビニヨンの訪日、訪中について―   
     3 司会  中村ともえ(静岡大学)
朴 恩恵(東京大学・院)
谷崎潤一郎における人魚のモチーフと
 浅草 ―「鮫人」を中心に―   
研究発表B室(3号館3052・53)
     1 司会  藤田 直哉 (東京工業大学)
イザベル・ラヴェル (パリ第7大・院)
西洋文学を私小説として読み直してみる
  ―太宰治『女の決闘』を巡って―
     2 司会  川口 恵子(慶應義塾大・非)
宮田 文久(日本大学・院)
『ヒロシマ・モナムール』から『H story』へ
 ―「戦争の記憶」、その表象と継承―
     3 司会  芳賀 理彦(敬愛大学)
岡田 善明(日本大学非常勤)
コンラッド、コッポラから村上春樹へ
 ―村上作品の創作の原点と本質を探る―
研究発表C室(3号館3061)
     1 司会  平石 典子(筑波大学)
大澤 絢子(東京工業大・院)
大正期恋愛至上主義を背景とした
 「結婚した親鸞」の表象 ―石丸梧平による
 「親鸞文学」を中心に―
     2 司会  平石 典子(筑波大学)
加藤 隆(千葉大学)
日本近代における「恋愛輸入説」
  ―「理想化された恋愛観の輸入」「キリスト教」
  「世俗化」について―
シンポジウム 15:00-17:30(3号館3021)
第一次世界大戦後と日本モダニティの変容
司会・講師 井上 健(日本大学 )
パネリスト エリス俊子(東京大学)
パネリスト 西岡あかね (東京外国語大学)
パネリスト 林 淑美(立教大学)
ディスカッサント 椎名 正博(日本大学)
総会 17:30(3号館3021)
議長 森本 真一(昭和女子大学 )
閉会の辞  17:55 小宮 彰(東京女子大学 )
懇親会 18:00(二松學舎大学1号館13階ラウンジ)
司会 亀井 伸治 ( 中央大学)
司会 畑中 千晶(敬愛大学)

2014年9月の例会は下記の通り開催されました。
日時 9月20 日(土)午後2時より
場所 日本大学 法学部 本館2階124 講堂
@講師  徐 暁紅 氏(東京理科大学非常勤)
 施蟄存とハムスンの作品にみられる
  敏感関係妄想に関する一考察
  ―両者の夢表象を手掛かりにして―
 司会 井上 健 氏(日本大学)
A講師 佐藤 三武朗 氏(日本大学)
 研究と創作の間で ―真相と虚構―
 司会 私市 保彦 氏(武蔵大学)

2014年8月の例会は下記の通り開催されました。
日時 8月30(土)午後2 時より
場所 日本大学 法学部 3 号館327 講堂
《 特別企画》 講師 秋山 正幸 氏(日本大学)
  ヘンリー・ジェイムズの
  『使者たち』における創作手法と
   欧米文化の衝突について
 司会 橋本 雅子 氏(神奈川大学非常勤)

2014年7月の例会は下記の通り開催されました。
日時 7月19 日(土)午後2 時より
場所 日本大学 法学部 10 号館1073講堂(1042より変更)
@講師  秋草 俊一郎 氏(東京大学)
 ハーヴァード大学比較文学科見聞録
 司会 新井 潤美 氏(上智大学)
A講師 門野 泉 氏(清泉女子大学)
 シェイクスピア翻訳劇上演の可能性を探る
 司会 蒔田 裕美 氏(法政大学非常勤)

2014年5月の例会は下記の通り開催されました。
日時 5月17日(土)午後2 時より
場所 鶴見大学 1 号館2 階セミナー室
@講師  木内 徹 氏(日本大学)
 作家研究年表の東西比較
 司会 斉藤 恵子氏(大妻女子大学)
A講師 土田 久美子 氏(青山学院大学非常勤)
 チェーホフ『犬を連れた奥さん』は いかに翻訳
 されてきたか― コンスタンス・ガーネット
  による英訳の検討を中心に―
 司会 沼野 恭子 氏(東京外国語大学)

2014年4月の例会は下記の通り開催されました。
日時 4月19 日(土)午後2 時より
場所 鶴見大学 1 号館2 階セミナー室
@講師  二村 淳子 氏(東京大学大学院)
 美術における「極東」
 ―ラファエル・ペトルッチとベトナム美術―
 司会 戦 暁梅 氏(東京工業大学)
A講師 芳賀 理彦 氏(敬愛大学)
 よしもとばなな作品の英語翻訳について
 ―翻訳で失われた五つのレトリック―
 司会 河野 至恩 氏(上智大学)

2014年3月の例会は下記の通り開催されました。
【特別企画:芹沢光治良特集】
日時 3月15 日(土)午後2 時より
場所 日本大学法学部本館2階第一会議室
第一部 講師 杉淵 洋一 氏(愛知教育大非常勤)
 芹沢光治良に受け継がれた有島武郎の精神
 ―フランス留学時代(1925-1928)を中心にして―
 司会 藤澤 全 氏(日本大学)
第二部 @講師 小玉晃一 氏(青山学院大学)
 芹沢光治良―有島武郎の『草の葉』会と
 東京の有島記念会に関連して―
 《特別講演》 A講師 岡 玲子 氏(沼津市芹沢光治良記念館)
 作家芹沢光治良の肖像 ―父と暮らした日々―
 司会 井上 健 氏(日本大学)

2014年1月の例会は下記の通り開催されました。
日時 1月25 日(土)午後2 時より
場所 青山学院大学青山キャンパス
総研ビル 9階 第 16会議室
@講師 山名 順子 氏(川村学園女子大学)
 石川雅望の読本における典拠利用について   
  ―『近江県物語』を中心に―
 司会 畑中 千晶 氏(敬愛大学)
A講師 山口 博 氏(聖徳大学)
 ペルセウスの怪獣退治とスサノヲの八岐大蛇退治
 司会 近藤 圭一 氏(聖徳大学)